カール・リヒター・エディション/J.S.バッハ:教会カンタータ篇

PH_13054
  • 発売中
  • アーティスト:カール・リヒター
  • レーベル:PROFIL
  • 品番:PH-13054
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:4CD

  • 録音情報など:ステレオ
  • 収録時間:[CD1]62:43 [CD2]68:23 [CD3]77:59 [CD4]30:00

大好評のシリーズ
名人ホルガー・ジードラーの新マスタリング
「カール・リヒター・エディション」最新作
教会カンタータ集&マニフィカト

収録曲

カール・リヒター・エディション/J.S.バッハ:教会カンタータ篇

[CD 1]62’43”
・「イエスよ、あなたはわが魂を」BWV 78
ウルズラ・ブッケル(ソプラノ)
ヘルタ・テッパー(アルト)
ヨーン・ヴァン・ケステレン(テノール)
キート・エンゲン(バス)
アンスバッハ・バッハ週間管弦楽団
収録:1961年7月/ハイルスブロン・ミュンスター
(セッション・ステレオ/アルヒーフ原盤)

・「イエス・キリストを脳裡にとどめよ」BWV 67
アントニア・ファーベルク(ソプラノ)
リリアン・ベニングセン(アルト)
ピーター・ピアーズ(テノール)
キート・エンゲン(バス)
ゲオルク・ドンデラー(トランペット)
ヘドヴィヒ・ビルグラム(オルガン)
ミュンヘン・バッハ合唱団
ミュンヘン国立歌劇場管弦楽団のメンバー
収録:1959年(セッション・ステレオ/テルデック原盤)

・「私が去り行くのは、あなたがたの益となる」BWV 108
アントニア・ファーベルク(ソプラノ)
リリアン・ベニングセン(アルト)
ピーター・ピアーズ(テノール)
キート・エンゲン(バス)
ゲオルク・ドンデラー(トランペット)
ヘドヴィヒ・ビルグラム(オルガン)
エドガー・シャン(オーボエ・ダモーレ)
フリッツ・ゾンライトナー(ヴァイオリン)
ミュンヘン・バッハ合唱団
ミュンヘン国立歌劇場管弦楽団のメンバー
収録:1959年(セッション・ステレオ/テルデック原盤)

[CD 2]68’23”
・「主イエス・キリスト、真の人にして神」BWV 127
アントニア・ファーベルク(ソプラノ)
リリアン・ベニングセン(アルト)
ピーター・ピアーズ(テノール)
キート・エンゲン(バス)
ゲオルク・ドンデラー(トランペット)
ヘドヴィヒ・ビルグラム(オルガン)
エドガー・シャン(オーボエ・ダモーレ)
フリッツ・ゾンライトナー(ヴァイオリン)
ミュンヘン・バッハ合唱団
ミュンヘン国立歌劇場管弦楽団のメンバー
収録:1959年(セッション・ステレオ/テルデック原盤)

・「主なる神は太陽にして盾なり」BWV 79
ベアトリス・クレープス(アルト)
キート・エンゲン(バス)
エドガー・シャン(オーボエ)
ヘルマン・ウール(チェロ)
フランツ・オルトナー(コントラバス)
へドヴィヒ・ビルグラム(チェンバロ&オルガン)
ミュンヘン・バッハ管弦楽団
ミュンヘン・バッハ合唱団
収録:1959年(セッション・ステレオ/テルデック原盤)

・「キリストは死の縄目につながれた」BWV 4
キート・エンゲン(バス)
へドヴィヒ・ビルグラム(オルガン)
ミュンヘン国立歌劇場管弦楽団のメンバー
ミュンヘン・バッハ合唱団
収録:1963年(セッション・ステレオ/テルデック原盤)

[CD 3]77’59”
・「人よ、良きことの何たるかはすでに汝に告げられたり」BWV 45
ヘルタ・テッパー(アルト)
エルンスト・ヘフリガー(テノール)
キート・エンゲン(バス)
オーレル・ニコレ(フルート)
ミュンヘン・バッハ合唱団
アンスバッハ・バッハ週間管弦楽団
収録:1959年7月、8月/アンスバッハ、アウグスタナザール
(セッション・ステレオ/アルヒーフ原盤)

・「すべての国よ、神を誉め讃えよ」BWV 51
マリア・シュターダー(ソプラノ)
ヴィリー・バウアー(トランペット)
ミュンヘン・バッハ管弦楽団
収録:1959年8月/ミュンヘン、ヘルクレスザール
(セッション・ステレオ/アルヒーフ原盤)

・「愛する御神よ、いつ我は死なん」BWV 8
ウルズラ・ブッケル(ソプラノ)
ヘルタ・テッパー(アルト)
エルンスト・ヘフリガー(テノール)
キート・エンゲン(バス)
オーレル・ニコレ(フルート)
ミュンヘン・バッハ合唱団
アンスバッハ・バッハ週間管弦楽団
収録:1959年7月、8月/アンスバッハ、アウグスタナザール
(セッション・ステレオ/アルヒーフ原盤)

・「私は、哀れな人、罪のしもべ」BWV 55
エルンスト・ヘフリガー(テノール)
オーレル・ニコレ(フルート)
エドガー・シャン(オーボエ)
ミュンヘン・バッハ合唱団
ミュンヘン・バッハ管弦楽団
収録:1959年2月、3月/ライプツィヒ、トーマス教会
(セッション・ステレオ/アルヒーフ原盤)

[CD 4]30’00”
・マニフィカト ニ長調BWV 243
マリア・シュターダー(ソプラノ)
ヘルタ・テッパー(アルト)
エルンスト・ヘフリガー(テノール)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バス=バリトン)
ミュンヘン・バッハ合唱団
ミュンヘン・バッハ管弦楽団
収録:1961年6月/ミュンヘン
(セッション・ステレオ/アルヒーフ原盤)

以上、カール・リヒター(指揮)
リマスタリング& サウンド・デザイン:2014年、ホルガー・ジードラー (THS-Studio)

★「過去最高のリマスタリング!」「かつてない自然な質感!」と、Profil のライヴ復刻でおなじみの名人ホルガー・ジードラーを起用した音づくりが評判を呼ぶ「カール・リヒター・エディション」の最新巻。
このたびのCD4枚組のセットには、シュターダー、テッパー、ヘフリガー、エンゲンら当時のベスト・メンバーを擁した、教会カンタータ10曲とマニフィカトが収められています。使用音源はアルヒーフを中心に、カンタータのいくつかではテレフンケンに遺した旧録音が選ばれているため、アルヒーフ時代とは趣の異なるリヒターのアプローチや、レーベルのサウンド・カラーのちがいなども聴きどころといえそうです。
シュターダーの張りのある美声。味わいゆたかなオーボエの音色。華やかなトランペットのひびき。透明感と深みを湛えたコーラス。シリーズ第1弾「マタイ受難曲」(PH12008)以来、絶大なる支持をいただいているなか、当セットもまた期待を裏切らない仕上がりとなっております。
なお、ブックレットは各曲のトラックリストおよび演奏家、リヒターの略歴と各曲の簡易解説(ドイツ語・英語)のみの記載となります。

0881488130546