ドビュッシー、シューマン、リヒャルト・シュトラウス

PHLP-005
  • 発売中
  • アーティスト:ルドルフ・ケンペ
  • レーベル:ALTUS
  • 品番:PHLP-005/6
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥13,600 + 税
  • 形態:2LP 国内プレス 完全限定生産盤

  • 付属品:日本語帯・解説付

EMIとは別の音源。音質すこぶる良好!!
ケンペの人格と器量が顕れた実演の貴重な記録。
両翼配置による響きも効果絶大!

収録曲

《シュターツカペレ・ドレスデン LPエディション Vol.3》
ルドルフ・ケンペ ヴァイオリン両翼配置によるステレオ・ライブ集

①ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲( LP1 A)
②シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54( LP1 A:第1楽章、LP1 B:第2・3楽章)
③リヒャルト・シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』 Op.40( LP2 A:第1~3曲、LP2 B:第4~6曲)

マルコム・フレイジャー(②ピアノ) ペーター・ミリング(③ヴァイオリン)
ルドルフ・ケンペ(指揮) シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1974年3月15日/ドレスデン、クルトゥーアパラスト(ライヴ)

★CD、SACDで発売され大絶賛されたライヴがLPで登場!プロフィール・レーベルよりライセンスした音源をもとに、新たにアナログのマスターテープを作りLP化しています。
★ルドルフ・ケンペとシュターツカペレ・ドレスデンによるリヒャルト・シュトラウスと言えば名演間違いなし、黄金の組み合わせ!『英雄の生涯』は72年にスタジオ録音されたEMI盤が有名ですが、当録音との大きな違いはこのライヴが「ヴァイオリン両翼配置」であること。この配置によるステレオ効果は抜群で、ライヴならではの高揚感も加わり驚きの音響が広がります。珍しい『牧神』や、これまた両翼配置のヴァイオリンが掛け合うさまが楽しいシューマンの協奏曲も必聴。この日の演奏会を丸ごとすべて収録したセットとなっており、内容・音質ともに素晴らしい超貴重なライヴ音源です。
★マルコム・フレイジャーはクララ・シューマンの孫弟子であり、楽譜の発掘にも力を入れ、シューマンのピアノ協奏曲の初稿である『ピアノと管弦楽のための幻想曲』の自筆譜を見つけたことでも知られる、いわばシューマンのスペシャリスト。ケンペの信頼も厚かった名ピアニストです。

4543638300464