編曲の技法

PRDDSD-350132
  • 発売中
  • アーティスト:ロバート・クラフト
  • レーベル:PRAGA DIGITALS
  • 品番:PRDDSD-350132
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:Bi-Channel Stereo
  • 収録時間:80:31

編曲ファン狂喜!過去になかった試み

収録曲

編曲の技法

①J.S.バッハ:平均律クラヴィア曲集第1巻~第8曲変ホ短調BWV853
②モーツァルト:前奏曲とフーガK.404a~第3番ニ短調
③ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番ト短調Op.25~第2楽章間奏曲
④同(シェーンベルク編):ピアノ四重奏曲第1番ト短調Op.25~第2楽章間奏曲
⑤ストラヴィンスキー:弦楽四重奏のための3つの小品
⑥同:管弦楽のための4つの練習曲
⑦ヤナーチェク:管楽六重奏曲「青春」
⑧同(マジャトカ編):青春(弦楽四重奏版)

ヴィルヘルム・ヘンプ(ピアノ)①、グルミオー・トリオ②、
アルトゥール・ルビンシュタイン(ピアノ)、グァルネリ四重奏団③、
ロバート・クラフト(指揮)シカゴ交響楽団④、東京クヮルテット⑤、
アンタル・ドラティ(指揮)ロンドン交響楽団⑥、
プラハ木管五重奏団、ズビンェク・ツィハ(バス・クラリネット)⑦、ツェムリンスキー四重奏団⑧
録音:1961年/ウーファ・トーンスタジオ(ベルリン)①、1967年1月/スイス②、
1967年12月30日/ニューヨーク③、
1962年9月/シカゴ④、1987年2月2日/プラハ(ライヴ)⑤、1964年7月/ロンドン⑥、
1999年7月/ドモヴィナ・スタジオ⑦、2016年9月/マルティネク・スタジオ(プラハ)⑧

★SACDハイブリッド盤。限定盤。よく知られた名作を全く別の演奏形態に編曲したものを原曲と比較しながら楽しめるユニークな企画。バッハの平均律クラヴィア曲集第1巻の第8曲のフーガをモーツァルトが弦楽三重奏に編曲したものから、近年演奏機会の多いシェーンベルク編によるブラームスのピアノ四重奏曲第1番、ストラヴィンスキーの珍妙な弦楽四重奏曲を大オーケストラ用に自編したものまで、超一級の演奏者で聴くことができるのもぜいたくの極み。さらにヤナーチェクの管楽六重奏曲「青春」を、1972年生まれのチェコの作曲家クリシュトフ・マジャトカが弦楽四重奏用に編曲した最新作も聴きもの。名作弦楽四重奏曲に続く第3番として今後のレパートリーになりうる素晴らしい編曲となっています。

関連商品

  • ワーグナー、マーラー、シェーンベルク、ベルク:アダージョ集
    PRD-250344

3149028087123