「ミーティング・オブ・ザ・スピリッツ」~マット・ハイモヴィッツ&ウッチェロ

PTC-5186659
  • 発売中
  • アーティスト:マット・ハイモヴィッツ&ウッチェロ
  • レーベル:PENTATONE
  • 品番:PTC-5186659
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:マルチチャンネル DSD 5.0 Surround sound
  • 収録時間:51:01

マイルス・デイヴィス、ジョン・マクラフリン・・・
異次元の才能の持ち主ハイモヴィッツが
ジャズの巨匠の作品に挑む!!

収録曲

「ミーティング・オブ・ザ・スピリッツ」~マット・ハイモヴィッツ&ウッチェロ

①ジョン・マクラフリン(1942-)(マハヴィシュヌ・オーケストラ):Open Country Joy(5’57”)
②マイルス・デイヴィス(1926-1991):Half Nelson(3’24”)
③オーネット・コールマン(1930-2015):W. R. U(. 3’36”)
④ジョン・ルイス(1920-2001)(モダン・ジャズ・カルテット):ブルース イ短調(6’59”)
⑤ジョン・マクラフリン(マハヴィシュヌ・オーケストラ):Meeting of the Spirits(8’29”)
⑥ビリー・ストレイホーン(1915-1967):Blood Count (6’38”)
⑦デイヴィッド・サンフォード(1963-):Triptych(5’24”)
⑧ジョージ・ガーシュウィン(1898-1937):Liza(2’37”)
⑨チャールズ・ミンガス(1922-1979):Haitian Fight Song(7’57”)

編曲:デイヴィッド・サンフォード

マット・ハイモヴィッツ&ウッチェロ(チェロ)
①ジョン・マクラフリン(エレキ・ギター)、③⑤マット・ウィルソン(ドラム)、
ヤン・ヤルチック(キーボード)
録音:①-④⑥-⑨ 2010年7月18日/ニューヨーク、
⑤2010年7月24-26&28日/マギル大学(モントリオール)

★SACD ハイブリッド盤。PENTATONEレーベルとカナダのOxingale Recordsレーベルとの共同企画
“PENTATONE OXINGALE Series”。当ディスクはマット・ハイモヴィッツ率いるチェロ・アンサンブル“ウッチェロ” との共演で、名だたるジャズの巨匠の作品に挑戦。マイルス・デイヴィス、ジョン・マクラフリン、デイヴィッド・サンフォードなどが残した名作をハイモヴィッツによる豊かな解釈で新たな扉を開きます。特に注目と言えるのがジャズ・ロックギタリスト、ジョン・マクラフリン作曲の「Open Country Joy」。なんとマクラフリン本人との共演を果たしております!ジャンルの垣根を越えた鬼才チェリスト、マット・ハイモヴィッツだからこそ実現できた夢のようなアルバムです。
★1970年イスラエル生まれのチェリスト、マット・ハイモヴィッツは、1988年にレヴァイン指揮、シカゴ交響楽団をバックにドイツ・グラモフォンに録音し、センセーショナルなレコーディング・デビューを果たしました。その後、1999年に自身のレーベルOxingale Recordsよりバロックから現代まで、さらにジャンルの壁を超えジャズ、ロックと実に多彩なプログラムに挑戦してきました。”PENTATONE OXINGALE Series”より積極的なリリースが続く世界的チェリストです。

0827949065965