ストラヴィンスキー:『ペルセフォーヌ』

PTC-5186688
  • 発売中
  • アーティスト:エサ=ペッカ・サロネン
  • レーベル:PENTATONE
  • 品番:PTC-5186688
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid DSD クラムシェル・ボックス

  • 録音情報など:5.0 Surround sound マルチチャンネル
  • 収録時間:51:03
  • 付属品:輸入盤・日本語帯付

これは貴重!
ストラヴィンスキーのメロドラマ『ペルセフォーヌ』を
サロネン&フィンランド国立歌劇場管がライヴ収録!

収録曲

イーゴリ・ストラヴィンスキー(1882-1971):
メロドラマ『ペルセフォーヌ』【台本:アンドレ・ジード(ジッド)】


①-③第1場:『誘拐されるペルセフォーヌ』(ⅰ.2’08”+ⅱ.5’45”+ⅲ.2’33”=10’26”)
④-⑨第2場:『地下世界のペルセフォーヌ』
(ⅰ.4’11”+ⅱ.3’48”+ⅲ.1’29”+ⅳ.9’03”+ⅴ.1’49”+ⅵ.4’25”=24’45”)
⑩-⑬第3場:『再生したペルセフォーヌ』(ⅰ.3’29”+ⅱ.6’10”+ⅲ.3’11”+ⅳ.2’02”=14’52”)

アンドリュー・ステープルズ(テノール/ユーモルプ)、
ポリーヌ・シュヴァリエ(語り/ペルセフォーヌ)、
エサ=ペッカ・サロネン(指揮)、フィンランド国立歌劇場管弦楽団、
フィンランド国立歌劇場合唱団&児童合唱団
ライヴ録音:2017年8月11日/フィンランド国立オペラ&バレエ

★SACDハイブリッド盤。2017年8月、ヘルシンキ・フェスティヴァルにおけるライヴ録音からエサ=ペッカ・サロネンがフィンランド国立歌劇場管弦楽団と演奏したストラヴィンスキーの劇場作品『ペルセフォーヌ』がリリースされます!
★ストラヴィンスキーが1933年から1934年にかけて作曲(1949年に改訂)したフランス語のメロドラマ『ペルセフォーヌ』は、テノール独唱、女性の語り、混声合唱、児童合唱、そしてオーケストラのために書かれ、第1場『誘拐されるペルセフォーヌ』、第2場『地下世界のペルセフォーヌ』、第3場『再生したペルセフォーヌ』の3場構成の作品です。“もう一つの『春の祭典』”ともいわれる当作品は、アレクサンドル・ラザレフが演奏を熱望して2018年5月、日本フィルハーモニー交響楽団第700回目の定期演奏会でもとりあげ、その本邦初演は話題となりました。ギリシャ神話に基づく美しくも悲しい物語で、ストラヴィンスキーの隠れた傑作です。
★サロネンといえば30代前半にSONYに録音したストラヴィンスキーの一連の録音、またDGに録音した『春の祭典』などストラヴィンスキー振りとして名声を挙げましたが当作品は初録音となります。色彩のニュアンス、鋭敏かつ柔軟なリズムも的確に振り分けるサロネンならではの演奏で、当作品の決定盤登場と申せましょう。

0827949068867