モーツァルト / J.S. バッハ:バッハの作品による6つの前奏曲とフーガ

PTC-5186714
  • 発売中
  • アーティスト:マット・ハイモヴィッツ
  • レーベル:PENTATONE
  • 品番:PTC-5186714
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:PCM HI-RES マルチチャンネル
  • 収録時間:73:31

鬼才ハイモヴィッツによる
モーツァルトの弦楽三重奏曲の傑作、
ディヴェルティメント!!

収録曲

1.-6.モーツァルト(1756-1791) / J.S. バッハ(1685-1750):
バッハの作品による6つの前奏曲とフーガ K.404a(1782) 
(ⅰ . 前奏曲(4’58”)+ⅱ .フーガⅧ ,WTC Ⅰ(5’50”)
+ⅲ . 前奏曲(3’43”)+ⅳ .フーガⅩⅣ,WTC Ⅱ(3’58”)
+ⅴ . 前奏曲(3’48”)+ⅵ .フーガⅩⅢ,WTC Ⅱ(2’36”)= 24’53”)

7.-12.モーツァルト:ディヴェルティメント 変ホ長調 K.563(1788)
 (ⅰ .9’02”+ⅱ .12’49”+ⅲ.6’11”+ⅳ .7’56” +ⅴ .6’05”+ⅵ .6’35”=48’38”)

ジョナサン・クロウ(ヴァイオリン)、ダグラス・マックナブネイ(ヴィオラ)、
マット・ハイモヴィッツ(チェロ)
セッション録音:2005年9月6-8日/サントーギュスタン教会(ケベック)

★SACDハイブリッド盤。PENTATONEレーベルとカナダのOxingale Recordsレーベルとの共同企画”PENTATONE OXINGALE Series”。当ディスクは鬼才マット・ハイモヴィッツによるモーツァルトの室内楽で、バッハの作品による6つの前奏曲とフーガ K.404aと大作ディヴェルティメント 変ホ長調 K.563が収録されました。6つの前奏曲とフーガはモーツァルトが1782年の春にバロック音楽に熱中していた音楽愛好家のスヴィーテン男爵と知り合い、男爵邸での演奏会のために編曲されたものと考えられるも、近年では偽作とする説が有力となっています。しかし、J.S.バッハ、W.F.バッハの作品を模倣して新たに作曲されたこの作品は美しい旋律を伴う弦楽三重奏曲の魅力的な作品の一つと言えましょう。
★晩年の室内楽作品の中でも、クラリネット五重奏曲とともに最高傑作に数えられるディヴェルティメント 変ホ長調。構成は全6楽章からなり、充実したソナタ形式の第1楽章、一種の崇高ささえ感じられる第2楽章、非常によく練られた変奏手法の第4楽章、主題の展開を含むロンド形式の第6楽章など、3つの弦楽器という最小限の編成にして充実した響きと多様な形式を伴うモーツァルトの想像力にただ驚かされる作品です。ハイモヴィッツが気心を知れたジョナサン・クロウ、ダグラス・マックナブネイとともに極上のアンサンブルを聴かせてくれます。
★1970年イスラエル生まれのチェリスト、マット・ハイモヴィッツは、1988年にレヴァイン指揮、シカゴ交響楽団をバックにドイツ・グラモフォンに録音し、センセーショナルなレコーディング・デビューを果たしました。その後、1999年に自身のレーベルOxingale Recordsよりバロックから現代まで、さらにジャンルの壁を超えジャズ、ロックと実に多彩なプログラムに挑戦してきました。”PENTATONE OXINGALE Series”より積極的なリリースが続く世界的チェリストです。

トピックス

マット・ハイモヴィッツ 来日公演情報

■2018年6月8日(金)19:00 トッパンホール
マット・ハイモヴィッツ(チェロ)& 児玉麻里(ピアノ)
ベートーヴェン: モーツァルトの『魔笛』の主題による12の変奏曲
ドビュッシー: チェロ・ソナタ
プーランク: チェロ・ソナタ ほか
y-m-a.com/201

■2018年6月10日(日)17:00 宗次ホール
バッハへの序曲~マット・ハイモヴィッツ 無伴奏チェロ・リサイタル
フィリップ・グラス: 序曲
J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第1番の前奏曲
J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第5番(全曲) ほか
munetsuguhall.com/calendar2/201806.php

0827949071461