モーツァルト:交響曲第40&41番

PTC-5186757
  • 発売前
  • アーティスト:アンドルー・マンゼ
  • レーベル:PENTATONE
  • 品番:PTC-5186757
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:PCM HI-RES ディジパック仕様
  • 収録時間:74:47
  • 付属品:輸入盤・日本語帯付
  • 発売予定時期:2019年1月中旬

鬼才マンゼ×NDRフィルがキリリと攻め込むモーツァルトの交響曲第40&41番!

収録曲

モーツァルト(1756-1791):
1.-4.交響曲第40番 ト短調 KV.550(1788)
 (ⅰ.7’32” +ⅱ.13’16” +ⅲ.4’20” +ⅳ.9’30”=34’38”)
5.-8.交響曲第41番 ハ長調 KV.551「ジュピター」(1788)
 (ⅰ.11’26” +ⅱ.11’00” +ⅲ.6’04” +ⅳ.11’33”=40’03”)

アンドルー・マンゼ(指揮)、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
ライヴ録音:2017年2月21-24日(交響曲第40番)、2018年3月5-8日(交響曲第41番)/
NDRハノーファー、放送局スタジオ大ホール

★SACDハイブリッド盤。もともと高名なバロック・ヴァイオリンとして知られているマンゼは指揮者としての活躍も目覚ましく、2014年からはハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めています。PENTATONEレーベルからリリースしたメンデルスゾーンの交響曲全曲録音が話題となる中、当ディスクではメンデルスゾーンと並行して収録されたモーツァルトの交響曲第40&41番がリリースされます。バロック・ヴァイオリンの名手であるマンゼらしく、とりわけ弦楽器の細やかな表情や絶妙なテンポ設定など、当演奏でもキリリと攻め込む“マンゼ節” で聴かせます。
★モーツァルトの傑作第40番交響曲ト短調は、「最も苦悩に満ちた音程」とされる短二度を基本動機として全曲にわたって使用し、これに派生する半音階的な旋律と和声に重要な動機を与えました。一度聴いたら忘れがたいこの名曲をマンゼは緊張感を持たせながらもハッとさせられる表情付けで演奏します。一方、第40番と同年に作曲された第41 番ハ長調「ジュピター」。終楽章ではすべての人々が讃嘆してやまない偉大な音構築を置き華々しく高らかな終止に達します。マンゼは実にカラフルな演奏を聴かせます。
★今後、第38番&第39番のリリース予定もあるとのことで大いに期待が高まります。
マンゼへのインタビュー:
交響曲第40番について→ https://bit.ly/2UkU3Po
交響曲第41番「ジュピター」について→ https://bit.ly/2UkU3Po

0827949075766

Back to Top ↑