Break The Chain

RM-2519
  • 発売中
  • アーティスト:Doug MacLeod
  • レーベル:REFERENCE RECORDINGS
  • 品番:RM-2519
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2LP 180g

  • 録音情報など:45rpm

ブルース・アコースティック・ギターの名手、
ダグ・マクラウド
REFERENCE RECORDINGSレーベル
第3弾アルバムを
CDとLPでリリース

収録曲

Doug MacLeod/Break The Chain

SIDE1(14’18)
1.Goin’ Down To The Roadhouse
2.Mr Bloozeman
3.Lonesome Feeling

SIDE2(12’32)
1.Travel On
2.LA – The Siren In The West
3.One For Tampa Red

SIDE3(12’28)
1. Who’s Driving This Bus?
2. This Road I’m Walking
3. Church Street Serenade

SIDE4(8’46)
1. Break The Chain
2. Going Home
3.What The Blues Means To Me

ダグ・マクラウド(ギター)
デニー・クロイ(ベース)、ジェシー・マクラウド(ギター)、
ジミ・ボット(ドラム)、オリヴァー・ブラウン(パーカッション)
録音:2016年10月10-13日、カリフォルニア、マリン・カウンティ、
スカイウォーカー・サウンド
エンジニア:キース・O・ジョンソン
ハーフ・スピード・マスタリング(カッティング):ポール• スタブルバイン
プレス工場:Quality Record Pressing

★アコースティック・ブルースの巨匠ダグ・マクラウドREFERENCE RECORDINGS レーベル第3弾アルバム。今作『Break The Chain』は、息子ジェシー・マクラウドとの共作。家庭内暴力、虐待などの負のサイクルを断ち切り、文字通り“鎖を砕き” 世界に癒しと平和を与えることに焦点を当てた社会性の強い内容。
録音は、ブルース音楽賞アコースティック・アルバム・オブ・ジ・イヤー受賞の前2作と同様、グラミー賞受賞のレコーディングエンジニア、キース・ジョンソンが担当。カリフォルニアのマリン・カウンティにある、有名スタジオ、スカイウォーカー・サウンドにてスタジオ・ライヴ録音されました。
★LP化にあたっては、リファレンス・レコーディングスがアナログ市場に復活してからとっている方法、「ハーフ・スピード・マスター方式」を採用。通常の半分のスピードでマスタリングとカッティテングをし、速度を落とすことによって、音質の劣化を防ぐことができ、結果として高い周波数やより良いステレオバランスを得ることができます。カッティング・システムは伝説的なオーディオデザイナーであるネルソン・パス氏とリファレンス・レコーディングスの名エンジニア、キース・O・ジョンソン博士と長年マスタリングを務めてきたポール・スタッブルバイン氏も加わって開発したカスタムメイドマシンを採用。これらのこだわりを正確に再生するために選んだプレス工場は、アメリカのカンザス州のサライナにある工場「クオリティ・レコード・プレッシング(Q.R.P)」。
180グラム重量盤45回転のアナログレコードとして発売されます。

0030911251918

Back to Top ↑