ショスタコーヴィチ(バルシャイ編):室内交響曲、R.シュトラウス:メタモルフォーゼン

RUBICON-1009
  • 発売前
  • アーティスト:エマニュエル・ルドゥック=バローム
  • レーベル:RUBICON
  • 品番:RUBICON-1009
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 収録時間:52:31
  • 発売予定時期:2017年10月下旬

サンクトペテルブルグ・フィルの
弦の美しさを満喫できるアルバム

収録曲

①ショスタコーヴィチ(バルシャイ編):室内交響曲ハ短調Op.110a
②リヒャルト・シュトラウス:メタモルフォーゼン

エマニュエル・ルドゥック=バローム(指揮)バルティック室内管弦楽団
録音:2016年3月/聖カテリーナ教会(ペテルブルグ)

★サンクトペテルブルグ・フィルの弦楽セクションで結成されたバルティック室内管弦楽団。あの超絶オケの弦による室内管弦楽を楽しめる超豪華アンサンブルです。指揮のエマニュエル・ルドゥック=バロームはフランス人。リヨンとジュネーヴで学んだ後、ペテルブルグ音楽院へ留学し、マリス・ヤンソンスとイリヤ・ムーシンに師事した俊英。ロシアの主要オーケストラへの客演をはじめ、2014年8月からはサラトフ・アカデミー交響楽団の首席指揮者を務めています。バルシャイが弦楽オーケストラ用に編曲したショスタコーヴィチの「室内交響曲」の原曲・弦楽四重奏曲第8番は表向き「ドレスデンの戦禍に心を痛め」、リヒャルト・シュトラウスの「メタモルフォーゼン」は第2次世界大戦末期に「失われたミュンヘン」のために作曲されたといわれます。弦の機能を究極まで追求しながら、歴史の暗部を描いた2篇をじっくり味わえます。

5065002149084