Souvenir

SONARE-1024
  • 発売中
  • アーティスト:内山優子
  • レーベル:SONARE
  • 品番:SONARE-1024
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥2,400+税
  • 形態:CD

  • 録音情報など:D D D
  • 収録時間:60:18
  • 付属品:日本語帯・解説付

澄明な音色と精確な技術
ピッツバーグ響のヴァイオリニストを務めた内山優子、初のソロ・アルバム!

収録曲

Souvenir

ヴィエニャフスキ:モスクワの思い出
ポルディーニ(クライスラー編曲):踊る人形
リムスキー=コルサコフ(クライスラー編曲):インドの歌 (オペラ「サトコ」より)
ラヴェル:ツィガーヌ
ニーノ・ロータ:即興詩《センチメンタルな悪魔》
クライスラー:美しきロスマリン
シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ《二重奏曲》イ長調Op.162 D.574
ドヴォルザーク(クライスラー編曲):ユモレスク

内山優子(ヴァイオリン)、鷲宮美幸(ピアノ)
録音:2013年5月20&21日、フィリアホール(青葉台)

★「一聴して、このように優れた邦人ヴァイオリニストがまだいたのか、と驚きに打たれた。2005~12年までピッツバーグ交響楽団のヴァイオリニストを務めた内山優子、初のソロ・アルバムだ。澄明な音色、精確な技術、そして素直で潤いにあふれた歌心。常に涼やかで薫り高い名演を愉しめる。筆者はすっかり内山優子のファンとなり、その成功を確信している。」渡辺謙太郎(ライナーノーツより)

アーティスト情報

内山優子(ヴァイオリン)
山口県生まれ、桐朋女子高等学校音楽科卒業後、渡英。ギルドホール音楽院卒業および、同音楽院コンサート・リサイタル・ディプロマ受賞。2001年より渡米し、スカラシップを得て、クリーブランド音楽院修士課程修了後、文化庁在外研修生としてボストン、ニューイングランド音楽院にてさらに研鑽を積む。ドイツ、第6回イフラ・ニーマン国際ヴァイオリン・コンクール第2位、英国、ハットフィールド音楽祭で総合優勝。2001年、東京文化会館小ホールにて日本演奏連盟主催デビューリサイタル、2003年ワシントン国際弦楽器コンクール第2位入賞。2013年、東京の春音楽祭チェンバーオーケストラ、相模原チェンバーオーケストラに参加。ソリストとして、ニューワールドシンフォニー(米国)、デ・ハヴィランド・フィルハーモニック(英国)、神奈川フィルハーモニック、アーリントン・フィルハーモニック(米国)、ピッツバーグ交響楽団、広島交響楽団と共演。2005-2012、アメリカ、ピッツバーグ交響楽団ヴァイオリニスト。 2012年秋に帰国し、日本での活動を始める。

4571388520221