ベートーヴェン:交響曲第6番『田園』、交響曲第5番『運命』

TALTLP-035
  • 発売中
  • アーティスト:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
  • レーベル:ALTUS
  • 品番:TALTLP-035/6
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥13,600 + 税
  • 形態:2LP

  • 録音情報など:国内プレス 完全限定生産盤 モノラル
  • 付属品:日本語帯・解説付

「RIASオリジナル音源」を用いた先駆け的名盤を
新規リマスタリングでLP化!
フルトヴェングラー、最後の『田園』&『運命』。
巨匠最晩年、芸の極致。繊細な気品と渦巻くエネルギーの強烈な対比!

収録曲

ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調『田園』Op.68
[LP1-A] 第1、2楽章
[LP1-B] 第3、4、5楽章
ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調『運命』Op.67
[LP2-A] 第1、2楽章
[LP2-B] 第3、4楽章

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1954年5月23日/ベルリン、ティタニア・パラスト(ライヴ)
ベルリンRIAS放送によるモノラル録音

★アルトゥスのターラ・レーベル復刻シリーズ。今回のLP化にあたり新リマスタリングを施し、アナログマスターテープを作った上で製作しています。
★『田園』と『運命』は対の作品であり、初演も同日になされています。フルトヴェングラーもこの2曲を好んで並べて演奏しており、作品を対比させつつ、それぞれから深い表現を引き出しています。1954年、フルトヴェングラーが死の半年前に残した当演奏は、2曲ともにベルリン・フィルとの最後の演奏であり最後の録音でした。良好な音質で知られるRIAS放送の録音ということもあって、巨匠最晩年の芸術を堪能できる名盤として愛されています。特にターラ盤はRIASのオリジナル音源を用いた先駆け的名盤であり、ノイズ・リダクションを極力抑えた音が特徴。
★『田園』の繊細さ、嵐の後の絶対的な喜ばしさ!フィナーレでは大胆なアッチェレランドが音楽を大きく盛り上げつつ、最後には祈るようにゆっくりと結ばれます。続く『運命』は決定盤と言える名演。オーケストラ全体を支配する引き締まったリズムと推進力、渦巻く巨大なエネルギー。第4楽章直前、ぎりぎりまで引き伸ばされる極度の緊張感はフルトヴェングラーの真骨頂。そしてフィナーレ突入と共に一挙に解放される壮大なハ長調!金管の華やかで荘厳なサウンドも爽快です。

4543638300358