ロスラヴェッツ:ヴァイオリンとピアノのための作品集

TLS-226
  • 発売中
  • アーティスト:オリヴァー・トリエンドル
  • レーベル:TELOS
  • 品番:TLS-226
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 録音情報など:DDD
  • 収録時間:70:40

「人民の敵」と糾弾されたロスラヴェッツの魂の叫び

収録曲

ロスラヴェッツ:ヴァイオリンとピアノのための作品集

①24の前奏曲(1941/2)
②ヴァイオリン・ソナタ第6番

カミラ・シャッツ(ヴァイオリン)、オリヴァー・トリエンドル(ピアノ)
録音:2016年6月27-29日、12月21日/ドイツ放送カンマームジーク・ザール(ケルン)

★ニコライ・ロスラヴェッツ(1981-1944)はロシア・アヴァンギャルドの作曲家。ソ連時代に「形式主義者」「人民の敵」として公職追放となり、近年まで禁じられた存在でした。モスクワ音楽院でヴァイオリンをフジマリーに師事したことから、ヴァイオリン作品も興味深いものがあります。「24の前奏曲」は最晩年の作で、新しい調性概念の追求が見られます。ヴァイオリン・ソナタ第6番は1930年代の作で、30分近い大作。かなり平明な作風で、叙情的な歌に満ちています。カミラ・シャッツはスイスの名女流で、説得力満点の演奏を繰り広げます。

関連商品

  • ゲンツマー:ヴィオラ・ソナタ全集
    TLS-231
  • フェリクス・ドレーゼケ(1835-1913):ピアノ作品全集
    TLS-139
  • フリードリヒ・キール:ヴィオラ・ソナタ、ライネッケ:幻想的小…
    TXA-15067
  • ゲッツ:ピアノ四重奏曲ホ長調、ピアノ五重奏曲ハ短調
    TXA-15061
  • ハンガリーのヴィオラ音楽
    PH-14022

4260175850589