静寂の語らい~C.P.E.バッハ:作品集

WAONCD 260

名手 上尾直毅が紡ぐ
クラヴィコードの魅惑の音色で聴く C.P.E.バッハ作品集

収録曲

静寂の語らい~C.P.E. バッハ:作品集
1. 幻想曲 イ長調(識者と愛好家のための曲集第4巻より)
2. スペインのフォリア Wq.118-9(H.263)
3「. アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」より
 行進曲 ニ長調 BWV Anh.122/ポロネーズ ト短調 BWV Anh.123/行進曲 ト長調 BWV Anh.124/
 ポロネーズ ト短調 BWV Anh.125/チェンバロのための独奏曲 BWV Anh.125
4. ソナタ 変ホ長調 Wq.65-7(H.16)
5. ソナタ イ短調 Wq.49-1(H.30)
6. ソナタ ト長調 Wq.62-19(H.119)
7. 幻想曲 嬰ヘ短調 Wq.67(H.300)

上尾直毅(クラヴィコード)
使用楽器:3/ クラヴィコード 小渕晶男 2008年製作 音域:GG/BB-d3、共有弦式
ヨハン・ヤコブ・ドーナットがライプツィヒで1700年に製作した楽器を元に音域を拡張したモデル
1,2,4,5,6,7 /クラヴィコード 小渕晶男 2009年製作 音域:FF-f3、専有弦式
クリステァイン・ゴットヘルフ・ホフマンがロンネブルクで1784年に製作した楽器のレプリカ
調律:上尾直毅
録音:2013年3月6-9日、アートコートギャラリー
使用マイク:改良型金田式無指向性DC マイク2013 年毛利忠晴製作

★クラヴィコードは、ヨーロッパの楽器の中で最も音量の小さな楽器ともいえる繊細な鍵盤楽器。というと、消え行ってしまいそうなかよわい音色かと思われるかもしれませんが、この録音を聴くとクラヴィコードの実に豊かな音色におどろかされることでしょう。上尾氏はC.P.E. バッハの若い頃の作品(③ の「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」)では鍵盤に対して弦の数が少ない共有弦式、それ以外のものは、すべての鍵盤に対しコースと呼ばれる2本一組の弦が張られた専有弦式の楽器を採用。フォルテピアノを思わせるような力強い表情をみせる瞬間もあれば、リュートのような穏やかな音色もあり、実に様々な表情です。作品自体も、親しみやすい旋律のものから、激しい和声変化を伴うものまで様様々。作曲家として、そして、「正しい鍵盤奏法への試論」の出版(これはツェルニーやベートーヴェンにも影響を与えた本)など理論家としても名を成したC.P.E. バッハ。生誕300年という記念の年に、またひとつ魅力的な盤が登場しました。

◆レコード芸術 2014年4月号 特選盤

関連商品

  • 静寂の語らい~C.P.E. バッハ:作品集
    WAONXA-268
  • 静寂の語らい~C.P.E. バッハ:作品集
    WAONXA-266

4560205956268