シェーンベルク:セレナード Op.24

WER-6780
  • 発売中
  • アーティスト:ピエール・ブーレーズ
  • レーベル:WERGO
  • 品番:WER-6780
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 録音情報など:ステレオ録音 DSD リマスタリング
  • 収録時間:30:46

ブーレーズの名演!
60年代ステレオ録音が
最高のリマスタリングで蘇る!

収録曲

シェーンベルク:セレナード Op.24

~クラリネット、バスクラリネット、マンドリン、ギター、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、バリトンのための

ルイ=ジャック・ロンドルー(バス)、ギィ・デュプル(クラリネット)、
ルイ・モンテーニュ(バスクラリネット)、ポール・グルンド(マンドリン)、
ポール・スティングル(ギター)、ルーベン・ヨルダノフ(ヴァイオリン)、
セルジュ・コロー(ヴィオラ)、ジャン・フショ(チェロ)
ピエール・ブーレーズ(指揮)
初出:1963年(DSDリマスタリング:2012年)

★1960年代にLP(WERGO-60002)で発売された、ブーレーズ指揮によるWERGO最初期録音がDSDリマスタリングを経てCDで蘇りました!高音質レーベル「CYBELE RECORDS」を手掛けるIngo Schmidt-Lucas氏によるマスタリングです。ステレオ録音なだけでも有難いところですが、これが驚くほどすばらしい音質!くっきり明瞭、演奏レベルの高さが十二分に味わえるたまらないディスクの登場です。
★シェーンベルクはかの有名な『5つのピアノ曲』Op.23でついに12音技法を体系化し、世に送り出しました。その次の作品番号(Op.24)を持つ『セレナード』は12音技法の可能性をさらに押し広げたもので、7楽器と声楽という、ピアノ独奏曲とは違う豊かな色彩を備えた編成によって書かれた重要作です。ギターが入っているあたりブーレーズの『ル・マルトー・サン・メートル』を思わせる音響で、機械的な動きにしてキラキラした音を振りまくのが印象的。それをブーレーズが指揮しているのだから何とも面白い演奏に仕上がっています。

※CDは1枚ですが、解説書が厚いため(48ページ)2枚組用のプラケースに入っています。

4010228678024

Back to Top ↑