« ヘンデル:オラトリオ「イェフタ」 | メイン | 3月11日(金)東北地方太平洋沖地震が発生しました。被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。 »

シル・ヴ・プレ~御喜美江ヴィルトゥオーゾ・アコーディン

BIS%201804.jpg


ある時はミュゼット、またある時はバンドネオン、七変化する御喜美江魅惑のアコーディオン・アンコール集

レーベル:BIS
記号番号:BIS 1804
発売時期:3月中旬


シル・ヴ・プレ~御喜美江ヴィルトゥオーゾ・アコーディン
ダカン:カッコウ/ラモー:リゴドンⅠ&Ⅱ/スカルラッティ:ソナタ ハ短調K11/ヘンデル:調子の良い鍛冶屋/ジャコビ:セレナード/シューベルト:楽興の時D.780の3&5/ブラームス:一輪のバラ咲きて/イベール:年老いた乞食、白い小さなロバ/ストラヴィンスキー:タンゴ/フィリップ・グラス:モダン・ラヴ・ワルツ/アスティア&ロケ:カーティング嬢/アスティア&ロッシ:ノヴェルティ・ポルカ/ルグラン:シェルブールの雨傘/ピアソラ:S.V.P(シル・ヴ・プレ)、バチンの少年、白い自転車/ゼズ・コンフリー:ディジー・フィンガース/ジョン・ゾーン:ロード・ランナー/オギンスキ:ポロネーズ「祖国との別れ」/ショスタコーヴィチ:別れのワルツ

御喜美江(アコーディオン)
[録音:2009年10月/レンナ教会(スウェーデン)]

日本語解説付。アコーディオンの女王・御喜美江。その辞書に「不可能」の文字のない彼女は、これまで数多くの現代作品やバッハなど、シリアスな作品演奏で高い評価を受けてきましたが、コンサートの合間に奏でるポップな小品にこそ、彼女の優しさや陽気な魅力にあふれていました。ファンの要望にお応えして、それらをまとめたアルバムを新録音。バロック期のポジティフ・オルガンのようなダカンやラモー、フランスのミュゼットのようなルグランやアスティア、バンドネオンのようなピアソラなど変幻自在。ノリの良さとカッコ良さはまったくクラシック的でなく、御喜美江の懐の深さに驚嘆させられます。アンジェイ・ワイダの「灰とダイヤモンド」のテーマでもあるオギンスキのポロネーズも絶品。泣けます。
go_top.gif