« 最新高音質録音技術とメディアを生かした2LのBDオーディオ | メイン | アルメニアン・ラプソディ »

PASSION from WASEDA~クラシック名曲集

PASSION_from_WASEDA.jpg

日本屈指のレベルを誇る「早稲田大学ピアノの会」
3人の若きピアニストがCDデビュー!
プロのピアニストをも脅かす実力と音楽性!

品番:KKC 7013
発売日:2011年9月21日
小売希望価格¥2500(税込)

PASSION~クラシック名曲集
1.ラフマニノフ:前奏曲嬰ハ短調Op.3-2「鐘」
2.ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」Op.57
3.ヘンデル:チェンバロ組曲第7番よりパッサカリア
4.ドビュッシー:夢L.64
5.カスキ:夢Op.19-1
6.カスキ:森の精Op.10-1
7.ショパン:練習曲Op.25-11「木枯らし」
8.ショパン:「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」Op.22
9.サティ:ジムノペディ第1番
1-3小川実(P)4-6重松和人(P)7-9山田翔平(P)
録音:2011年7月5&6日山梨・桃源ホール

★音楽専門学科コースを有さずにも拘わらず、多数のプロ音楽家を輩出してきた早稲田大学。その中でも『早稲田大学ピアノの会』といえば、レベルの高さは著名であり、音楽大学においてトップレベルの学生までもが在籍するほど。
自身も歌手として活躍する音楽プロデューサーの古屋博敏氏が、長髪をなびかせながら物凄い勢いでベートーヴェンを弾きこなす小川実の音楽性や人間性に惚れ込み、彼をリーダーに据えた『早稲田大学ピアノの会』プロジェクトを創り上げました。演奏する面々は、若さと情熱溢れる早稲田大学在学中のピアニスト。リーダーの小川実は現在文学部哲学専攻3年、重松和人は政治経済学部2年、山田翔平は教育学部教育楽科2年。
古屋博敏氏自らがエグゼクティブ・プロデューサー、サウンドプロデューサーとして立ち、制作期間中は共同作業を行いながら、国内外で音楽制作現場に経験豊富な古屋氏の哲学とノウハウを余すところなくメンバーに伝え続け、彼らをデビューへと導いた渾身の一作。
録音にもこだわり、ピュア・サウンドを追求したDSD5.6MHz、PCM192kHzのハイサンプリング・レート・レコーディング。アーティストたちの情熱と呼吸を余すところなくダイレクトに表現しています。10月1日のリリース記念コンサートの他に11月の早稲田大学の早稲田祭にも出演が決定しています。


小川実(おがわまこと)
このCD制作における、プロジェクトリーダー。1990年東京生まれ。早稲田中高等学校を卒業、早稲田大学文学部に入学、現在哲学科3年生。主に現代哲学、ポストモダン思想を追求している。早稲田で生まれ、早稲田で育った生粋の早稲田人。好きな作曲家はバッハ、ベートーヴェン、ラフマニノフ等々。好きなピアニストはヴァルター・ギーゼキング、フリードリヒ・グルダ、グレン・グールド。企画立案からプロジェクトを一貫して牽引し、メジャーデビューを果たした。

重松和人(しげまつかずと)
1990年長崎生まれ。早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科に在学中。9歳より地元講師の下で本格的にピアノを習い始める。近代フランス音楽に魅せられ、実際のフランス人がどのような生活を送っているのかを知るために、高校在学中に一年間渡仏。現地の一般公立高校に通う。好きなピアニストはパスカル・ロジェ、館野泉。

山田翔平(やまだしょうへい)
1992年東京生まれ。7歳より島村楽器のピアノコースにてピアノを習い始め、島村楽器音楽コンクールにも度々出場、入賞を経験している。早稲田大学高等学院を経て早稲田大学に入学。ピアノ以外に、指揮者としても活動をこなす。好きなピアニストは、マウリツィオ・ポリーニ、エフゲニー・キーシン、ユジャ・ワン。好きな指揮者は、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、小澤征爾。

2011年10月1日リリース記念コンサート 入場無料&サイン会 早稲田奉仕園スコットホール17時開演
go_top.gif