« N響85周年記念シリーズ⑤ スウィトナー | メイン | N響85周年記念シリーズ⑦ ハイドシェック、デルヴォー »

N響85周年記念シリーズ⑥ シュタイン

KKC%202011.jpg


「ベームを継ぐ唯一の逸材」、初来日時の名演

レーベル:KII
記号番号:KKC-2011/12 (2CD)
発売時期:10月19日


Disc1
ワーグナー:《神々の黄昏》よりジークフリートのラインの旅/同 葬送行進曲/《ジークフリート》より森のささやき/《ローエングリン》より 第1幕への前奏曲/同第3幕への前奏曲/《リエンツィ》序曲/《トリスタンとイゾルデ》よりイゾルデの愛の死

Disc2
ハチャトリアン:組曲《仮面舞踏会》/リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェエラザード》Op.35
 ホルスト・シュタイン指揮NHK交響楽団
  [収録:1973年2月5日、75年2月21日、26日 東京文化会館(Disc1)、1990年2月2日 NHKホール(Disc2)]

1975年以降N響の名誉指揮者に任命されたシュタイン。その記念すべき初来日時の貴重な音源が日の目を見ました。当時、「ベームを継ぐ唯一の逸材」と称され、その来日を待ち望む人の多かったシュタイン。期待にたがわぬ見事なワーグナーを聴かせてくれます。円熟期の「シェヘラザード」も堂々とした巨匠風演奏に酔わされます。浅田真央でヒットした「仮面舞踏会」のワルツも収録されています。

日本を代表するオーケストラNHK交響楽団は、今年10月5日に創立85年を迎えます。それを記念して、過去の名演の中から選りすぐりを初CD化。他では手に入りません。いずれも伝説となった公演だけに、それを耳にできることは信じ難い嬉しさと申せましょう。マスタリングはALTUSが担当。また、それぞれの演奏についての「音楽の友」誌あるいは「音楽芸術」誌に掲載された、当時の批評を採録。高名な評論家が褒めたり貶したりしているものを読みつつCDに耳を傾けることで、文章と実演を自身で確認できるという新しい試みです。

この作品をAmazon Japanで見る(別ウィンドウが開きます)
go_top.gif