« N響85周年記念シリーズ⑥ シュタイン | メイン | N響85周年記念シリーズ⑧ »

N響85周年記念シリーズ⑦ ハイドシェック、デルヴォー

KKC%202013.jpg


フランス風の粋な香り。デルヴォーとハイドシェックN響に登場

レーベル:KII
記号番号:KKC-2013/14 (2CD)
発売時期:10月19日


モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491/ヘンデル:ハープシコード組曲第7番ト短調HWV.432~パッサカリア/サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調Op.78《オルガン付き》/ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲/夜想曲より《雲》《祭》/デュカス:魔法使いの弟子/ラヴェル:道化師の朝の歌/ボレロ
 エリック・ハイドシェック(ピアノ)、アンドレ・イゾアール(オルガン)、ピエール・デルヴォー指揮NHK交響楽団
  [収録:1978年11月8日、15日、17日NHKホール]

ドイツ的な傾向の強いN響ですが、デルヴォーが振るとフランス的な色彩感あふれるのに感心させられます。注目は若きハイドシェックとの共演によるモーツァルトのピアノ協奏曲第24番。ハイドシェックならではの生気と色彩感に酔わされます。また、名手イゾアールをゲストとしたサン=サーンスの交響曲第3番も力演。NHKホールのオルガンの音に圧倒されます。
日本を代表するオーケストラNHK交響楽団は、今年10月5日に創立85年を迎えます。それを記念して、過去の名演の中から選りすぐりを初CD化。他では手に入りません。いずれも伝説となった公演だけに、それを耳にできることは信じ難い嬉しさと申せましょう。マスタリングはALTUSが担当。また、それぞれの演奏についての「音楽の友」誌あるいは「音楽芸術」誌に掲載された、当時の批評を採録。高名な評論家が褒めたり貶したりしているものを読みつつCDに耳を傾けることで、文章と実演を自身で確認できるという新しい試みです。
この作品をAmazon Japanで見る(別ウィンドウが開きます)
go_top.gif