« N響85周年記念シリーズ⑦ ハイドシェック、デルヴォー | メイン | 株式会社 写影からのおしらせ »

N響85周年記念シリーズ⑧

KKC%202015.jpg


伝説となっていたヴァントとN響のブルックナー、ついに日の目を見た

レーベル:KII
記号番号:KKC-2015/16 (2CD)
発売時期:10月19日


シューベルト:交響曲第9番ハ長調D.944《ザ・グレイト》/ブルックナー:交響曲第8番ハ短調
 ギュンター・ヴァント指揮NHK交響楽団
  [収録:1979年11月9日、1983年12月15日NHKホール]

現在の日本の音楽ファンに最も人気の高い指揮者といえばギュンター・ヴァント。その人気がブレイクする直前にN響と共演した貴重な記録。曲がブルックナーの交響曲第8番というのも嬉しい限り。また、シューベルトの交響曲中最もスケールの大きな「ザ・グレイト」とカップリングも最高。ヴァント幻の音源が日の目をみます。

日本を代表するオーケストラNHK交響楽団は、今年10月5日に創立85年を迎えます。それを記念して、過去の名演の中から選りすぐりを初CD化。他では手に入りません。いずれも伝説となった公演だけに、それを耳にできることは信じ難い嬉しさと申せましょう。マスタリングはALTUSが担当。また、それぞれの演奏についての「音楽の友」誌あるいは「音楽芸術」誌に掲載された、当時の批評を採録。高名な評論家が褒めたり貶したりしているものを読みつつCDに耳を傾けることで、文章と実演を自身で確認できるという新しい試みです。

この作品をAmazon Japanで見る(別ウィンドウが開きます)
go_top.gif