« J.S.バッハ:カンタータ全集Vol.53 | メイン | パヴロ / シックス・ストリング・ブルーバード »

日経でも絶賛 鈴木理恵子&若林顕のブラームス

KKC%20034.jpg


円熟の実力派ふたりが奏でる深みと繊細さに満ちた大人のブラームス

レーベル:KII
記号番号:KKC 034
好評発売中

国内制作盤。日本語解説書付。
税込定価3,000円


ブラームス:
ヴァイオリンソナタ第1番ト長調 Op.78「雨の歌」/第2番イ長調 Op.100/第3番ニ短調 Op.108

鈴木理恵子(ヴァイオリン) 若林顕(ピアノ)
[録音:2012年10月23-26日/笠懸野文化ホール]

読売日本交響楽団のコンミスを務めるかたわら、ソリストとして活躍する鈴木理恵子。完璧な技巧とたっぷりとした美音、落ち着いた音楽性が魅力の実力派。その彼女が日本の誇るヴィルトゥオーゾ、若林顕とのデュオでブラームスのヴァイオリンソナタ全3曲に挑みました。構想から10年を経て実現した鈴木のブラームスは、満を持して臨んだだけあり、驚きの充実度となっています。シンフォニックともいえる恰幅の良さに、ブラームス特有の情緒、繊細なニュアンスの表出まで完璧ですが、それに加えて凄みさえ感じさせる深さ。若林顕のピアノも雄弁の極みで、まさにヴァイオリンと互角に勝負。日本が世界に誇れる辛口の名演出現と申せましょう。


この作品をAmazon Japanで見る(別ウィンドウが開きます)


go_top.gif