ファーザー・カオス

Hexophonic Music 第二弾!
<< ギラッドの2つの中心的ユニットZuperOctave, gHexTrio>>
『Ask for Chaos』と対をなす一作
Downbeat 誌/批評家投票のライジング・スター部門
最優秀テナー・サックス奏者Dayna Stephensも2曲で参加
ギラッド・ヘクセルマン自身がコンサートなど手売りのみで販売してきた作品を一般流通!

  • アーティスト:ギラッド・ヘクセルマン
  • レーベル:HEXOPHONIC MUSIC
  • 品番:KKE-100
  • 原盤品番:HEX-002
  • 国内盤:(国内仕様)
  • ジャンル:ジャンルジャズ
  • 価格:¥2,400+税
  • 形態:CD
  • 付属品:日本語帯、解説付

TRACK LIST

ギラッド・ヘクセルマン / ファーザー・カオス

1. Seoul Crushing*
2. Toe Stepping Waltz+
3. The Hunting *
4. A Part Of The View (Matti Caspi)
5. Teen Town + (Jaco Pastorius)
6. Body And Soul* (Johnny Green)

メンバー:Gilad Hekselman(g)* Aaron Parks(keys) & Kush Abadey(ds)+ Rick Rosato(b) & Jonathan Pinson(ds)
Dayna Stephens (EWI) (Tracks 1 & 3)

★現代屈指のギタリストとなったギラッド・ヘクセルマン。自身のレーベルHexophonic Musicでの第二弾作品。
★2006年にSmalls Recordsからリーダーとして、第一作をリリース。その後、フランスHarmonia Mundi系のレーベルLe Chant du MondeおよびJazz Village から一作ごとに表現の世界を拡張してきましたが、レーベル立ち上げ第一弾となった『Ask for Chaos』では、大きく飛躍。ギラッドは、そのリリース前に“アイディアがあふれている”と語っていましたが、その言葉の通り、ギタリストとしても、サウンド・クリエイターとしても、絶好調と感じさせています。
★本作は、その『Ask for Chaos』と同時期に録音された2つのユニットによる演奏6曲を収録。
☆一つはRick Rosato とJonathan PintonによるgHex Trio。このユニットによって、ギラッドは、オーソドックスなトリオ・フォーメーションで、コンテンポラリー・ギターの可能性を表現。
☆もう一つのユニットZuper Octave ではAaron Parks とKush Abadey を迎え、カッティング・エッジなエレクトリック・サウンドの世界を展開。
☆ギラッドはこの他、ジョン・レイモンドをリーダーとするリアル・フィールズの中心メンバーとして、多くのギグに参加するほか、NYを拠点とする様々なアーティストとプロジェクトを進めていますが、10月中旬から、gHex Trioでヨーロッパ・ツアー(ベルギー、アイルランド、UK、ドイツ、セルビア9ヶ所)も。現在の活動の中心は、このgHexとZuper Octave!!
★本作では、Dayna Stephensをフィーチャーしたズーパー・オクターブによる“Seoul Crushing”をオープニングに、超絶で聴かせるgHexによるジャコ・パストリアスの名曲“Teen Town”、そして、名スタンダード“Body and Soul”まで。
★『Ask for Chaos』と対になる作品の登場です。

4909346019843

関連商品