Double Screening

ACT-9879
  • 発売中
  • アーティスト:Emile Parisien
  • レーベル:ACT MUSIC
  • 品番:ACT-9879
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


ヨーロッパを代表するソプラノ・サックス奏者、エミール・パリジャン
非凡な作曲+攻めのインプロが炸裂するカルテット作
現代ヨーロッパ最高峰のハイレベルなインタープレイ!!

収録曲

Emile Parisien / Double Screening

1. Double Screening I (Julien Loutelier) 3:16
2. Double Screening II (Julien Loutelier) 4:11
3. Spam 1 (Emile Parisien) 2:05
4. Hashtag I (Emile Parisien) 2:17
5. Hashtag II (Emile Parisien) 3:59
6. Hashtag III (Emile Parisien) 4:09
7. Hashtag IV (Emile Parisien) 2:50
8. Spam 3 (Ivan Gélugne) 1:58
9. Deux Point Zéro (Julien Touéry) 4:20
10. Élégie pour Carte Mère (Julien Touéry) 3:47
11. Malware Invasion (Julien Touéry) 7:50
12. Algo (Ivan Gélugne) 3:46
13. Spam 2 (Julien Loutelier) 1:12
14. Daddy Long Legs (Julien Loutelier) 5:43

メンバー:Emile Parisien(ss, ts), Julien Touéry(p),
Ivan Gélugne(b), Julien Loutelier(ds)

◆最早ヨーロッパを代表するソプラノ・サックス奏者と言っても過言ではない、フランス出身のエミール・パリジャン、カルテットでの新作が登場!
◆2016年リリースの『Sfumato』では、御大ヨアヒム・キューン参加のクインテットにミシェル・ポルタルやアコーディオンのヴァンサン・ペラニがゲストで加わり、組曲などの大曲の他、物語性の高い緻密な作曲が印象的な作品であった。また『Sfumato live in Marciac』(2018)はウィントン・マルサリスもゲストに加わったCD+DVDの特別盤となっており、レーベルからのパリジャンへの期待が伺えるものだった。
◆今作はピアノ・トリオを率いたカルテット作。『Spezial Snack』(2014) とドラムを除き同メンバー、コンセプトもこの作品の延長のようなサウンドである。
◆楽曲はパリジャンのオリジナル中心に全てメンバーのオリジナル。全体的にアグレッシヴでアヴァンギャルドなサウンドながら、作曲者によって異なるアイディアで個性を出している。
◆ドラムのJulien Loutelier作曲の2曲目はリズムによるギミックが満載で、曲調を切り貼りしたようなプログレ的展開がユニーク。パリジャンによる4~7曲目の組曲は、ある程度の曲調は決められているものの、フリー・インプロ的な場面が多く、お互いの音に呼応して音楽が柔軟に展開していく様は見事であり、その中にするりと挿入されるメロディが美しい。シンプルなリズムから展開していくIvan Gélugne(b)の楽曲や、トリッキーなハーモニーや音の跳躍を大胆に使ったJulien Touéry(p)の楽曲など、どれも非凡なアイディアに溢れている。
◆そして何と言っても攻めに攻めたハイレベルなインタープレイがこの作品の最大の魅力であろう。ヨーロピアン・インプロの系譜を継ぎつつ各々の感性を余すところなく発揮した熱演!

0614427987921

Back to Top ↑