Live In Bremen 1983

EM-5990430
  • 発売中
  • アーティスト:Woody Shaw
  • レーベル:ELEMENTAL MUSIC
  • 品番:EM-5990430
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2CD

  • 収録時間:CD1 67:57 CD2 44:39

≪ウディ・ショウ=注目の未発表音源続々!≫
83年1月18日ブレーメン
レギュラー・クインテットからスティーヴ・トゥーレが抜けたカルテット
覇気にあふれたワン・ホーン/4人の演奏!!

収録曲

Woody Shaw / Live In Bremen 1983

CD1
1. You And The Night And The Music (14:30)
2. Rahsaan’s Run (13:43)
3. Eastern Joy Dance (15:49)
4. Pressing The Issue (11:06)
5. The Organ Grinder (12:49)
TT: 67:57

CD2
1. Katrina Ballerina (13:42)
2. Diane (10:14)
3. 400 Years Ago Tomorrow / The Theme (11:08)
4. Sweet Love Of Mine (9:36)
TT: 44:39

メンバー:Woody Shaw(tp, flh), Mulgrew Miller(p),
Stafford James(b), Tony Reedus(ds) Recorded live at Post Aula,
Bremen, Germany, January 18, 1983. Produced by Jordi Soley.
Project coordinator: Michael Cuscuna.

このところウディ・ショウの未発表演奏が続々と発掘されています。これもまたそのひとつで、1983年1月のブレーメンでのライヴ演奏を収録したアルバム。この時期ウディのグループは、スティーヴ・トゥーレ、マルグリュー・ミラー、スタッフォード・ジェームス、トニー・リーダスという不動のメンバーで活動を続けていました。  このクインテットは83年1月1日にボローニャで『Time Is Right』(Red)を録音していますが、その17日後となるブレーメンのステージにスティーヴ・トゥーレの姿はなく、ウディのワン・ホーン・クァルテットによる演奏となっています。理由は不明ですが、スティーヴ・トゥーレは、この後1985年まで一切誰のレコーディングにも参加していません。そして、残った4人によるウディのクァルテットもブレーメンを最後に解散。以降ウディはレギュラー・バンドを長きにわたって持つことはありませんでした。  ただし、ウディ最後のリーダー作『Imagination』(Red, 1987年録音)ではウディとスティーヴは再会しています。ブレーメンでの演奏は、スティーヴの不在をカヴァーしようとしているためか、4人の演奏はいつも以上にアグレッシヴで覇気に満ちており、ウディにとってお馴染みの曲がとても新鮮に響きます。

8435395502334