ドリームス・アンド・ダガーズ

MAC-1120=KKE-070
  • 発売中
  • アーティスト:セシル・マクロリン・サルヴァント
  • レーベル:MACK AVENUE RECORDS
  • (国内仕様)
  • 品番:KKE-070
  • 原盤品番:MAC-1120
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:¥2,593 + 税
  • 形態:2CD

  • 付属品:日本語帯、解説付

現代、最も才能を認められるジャズ・シンガー
セシル・マクロリン・サルヴァント 貫禄さえ感じさせる本格派作品!
世界的ジャズの殿堂NYヴィレッジ・ヴァンガードの観客も
大いに沸かせたパフォーマンスを2CD/3LPにたっぷり収録!!

収録曲

セシル・マクロリン・サルヴァント / ドリームス・アンド・ダガーズ

CD1
1. And Yet 1:06
2. Devil May Care 6:56
3. Mad About The Boy 6:53
4. Sam Jones’ Blues 3:00
5. More 3:33
6. Never Will I Marry 4:03
7. Somehow I Never Could Believe 9:56
8. If A Girl Isn’t Pretty 2:55
9. Red Instead 0:35
10. Runnin’ Wild 1:40
11. The Best Thing For You 7:09

CD2
1. You’re My Thrill 4:34
2. I Didn’t Know What Time It Was 6:30
3. Tell Me What They’re Saying Can’t Be True 5:29
4. Nothing Like You 3:50
5. You’ve Got To Give Me Some 6:11
6. The Worm 1:03
7. My Man’s Gone Now 6:28
8. Let’s Face The Music And Dance 6:55
9. Si j’étais blanche 5:15
10. Fascination 1:48
11. Wild Women Don’t Have The Blues 6:44
12. You’re Getting To Be A Habit With Me 9:54

メンバー:Cécile McLorin Salvant(vo), Aaron Diehl(p except CD2=M5),
Paul Sikivie(b except CD2=M5),
Lawrence Leathers(ds except CD2=M5), Sullivan Fortner(p on CD2=M5)
Catalyst Quartet on CD1=M1,5 CD2=M1,6
Karla Donehew Perez(vln), Suliman Tekalli(vln), Paul Laraia(viola), Karlos Rodriguez(cello)

★2010年、ジャズ・アーティストの登竜門となるセロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・コンペティションのウィナーとなり、2016年にはグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバムに輝く等、今最も注目を集める女性ジャズ・ヴォーカリスト、セシル・マクロリン・サルヴァントの一年ぶりの新作。
★1989年マイアミ生まれ、シンガーになるきっかけは母親の影響で、当初は本人の強い意志というものではないらしく、モンク・コンペティションへも、フランスの音楽学校の先生の薦め。正確には、応募の締め切りにも間にあわないタイミングだったとのことなので、どれだけ周囲の期待があったかも伺われます。
★しかし、その歌を聴けば、誰もが納得。6月には丸の内コットンクラブで二度目の来日公演もあり、すっかり日本でもおなじみになったマクロリンは粉うことない本格派。最初に好きになったミュージシャンに、サラ・ヴォーンをあげ、最近はまっているジャズ・シンガーにカーメン・マクレエを挙げるところも王道ですが、正確なピッチと、ダイナミズムあふれる感情豊かな表現は、世代を越えて、現代のヴォーカル全般で、屈指の存在といえるでしょう。
★本作は、そんな彼女がNYのジャズの殿堂、ヴィレッジ・ヴァンガードで行ったライヴを収録した作品!
★たっぷりCD2枚組(LP3枚組)。その中には、ストリングスをフィーチャーしたトラックもあり、グラミー賞を受賞した前作『フォー・ワン・トゥ・ラヴ』の延長線上といえる、ミュージカル的なものも、はさみつつ、シンプルに、オリジナルのトリオをバックにした歌唱も、魅力的に響きます。来日公演でも、余裕もたっぷりに演奏を聴かせたアーロン・ディールは、ジュリアードを出た、これまたジャズ界の秀才。ハード・バップの伝統をおさえ、若くして気品さえ漂わせるピアノは、古き良きジャズが薫り、セシルのヴォーカルと心地いいスウィング感を生みだします。どの曲も安定感たっぷりな中で、たとえば、CD1=M6“Never will I marry”は、力強い4ビートがグルーヴを生む一曲。楽曲がシンプルなだけにピアノ・トリオと、自在なセシルのヴォーカルの息の合った対話が特に鮮やかなコントラストを描き、ヴァンガードに興奮をもたらしています。また、M10は、コード楽器なしのベースとドラムだけをバックにしての歌唱。その上で、声色なども変化させ、絶妙なリズム感で豊かな物語を紡ぎ出すところも実力の証といえます。
★NYという厳しいジャズの現場、しかも、その最も伝統と格式の高いヴァンガードの場を熱狂させられる存在!
★セシルは実に、本作のほかに、サリヴァン・フォートナーとのデュオ作品もすでに録音済みなのだとか。そちらでは、スタンダード曲の他、アレサ・フランクリンやスティーヴィー・ワンダーの曲も歌っているとの噂!本作で通算4作目、Mack Avenueで3作。その動向からは、目が離せそうにありません!

関連商品

  • Dreams and Daggers
    MAC-1120
  • Dreams and Daggers
    MAC-1120LP
  • For One To Love
    MAC-1095LP

4909346014411