Travelin'

AKT-9104
  • 発売前
  • アーティスト:Echoes of Swing
  • レーベル:ACT MUSIC
  • 品番:ACT-9104
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2017年1月中旬

アーリー・ジャズの魅力を広める4人組“エコーズ・オブ・スウィング”
20年続けてきた世界中の音楽ツアーを思い返す作品
オリジナルや有名曲をゴキゲンなスウィングで聴かせてくれる

収録曲

Echoes of Swing / Travelin’

1. Orient Express (Chris Hopkins)
2. Volare (Domenico Modugno / Mitchell Parish & Franco Migliacci)
3. The Old Country (Nat Adderley / Curtis R. Lewis)
4. On A Slow Goat Through China (Chris Hopkins)
5. Das Wrack Der Guten Hoffnung (Bernd Lhotzky)
6. The Fiji Hula Bula (Chris Hopkins)
7. Where Or When (Richard Rodgers / Lorenz Hart)
8. On A Turquoise Cloud (Duke Ellington & Lawrence Brown)
9. Cabin In The Sky (Vernon Duke / John Latouche)
10. Gan Hyem [Going Home] (Colin T. Dawson)
11. Southern Sunset (Sidney Bechet & Harry Brooks / Noble Sissle)
12. En Auto (Bernd Lhotzky, dedicated to Dick Hyman)
13. Trav’lin’ Light (Jimmy Mundy & James ‘Trummy’ Young / Johnny Mercer)
14. Disorder At The Border (Coleman Hawkins)
15. Wohin? (Bernd Lhotzky, based on Franz Schubert)

メンバー:Colin T. Dawson(tp, corn, flh, vo-3,13),Chris Hopkins(as),
Bernd Lhotzky(p, celesta), Oliver Mewes(ds)
Arrangements: Colin T. Dawson(3,10,13,14), Chris Hopkins(1,4,6,7,8,11),
Bernd Lhotzky(2,5,9,12,15)

◆4人のヨーロピアンからなるユニット“エコーズ・オブ・スウィング”による、ACT4作目のリリース!彼らはおよそ20年間にわたって、世界各国でライヴを行い、アーリー・ジャズの魅力を広める伝道師の役割を果たしてきた。
◆前作『Bix – Tribute to Bix Beiderbecke』は、アーリー・ジャズの名コルネット奏者、ピアニストであるビックス・バイダーベックの偉業を浮き彫りにしたもので、トロンボーン、サックス、ベース、女性ヴォーカルのゲストを加えた豪華盤。そしてDisc2にはビックスのオリジナル音源を収めて価値を高めた特別な作品だった。
◆バンド・メンバーの4人のみに戻る今作『Travelin’』は、20年続けてきたツアーを思い返すもの。クリス・ホプキンスの“OrientExpress”から始まり、アーリー・ジャズの語彙に則しながらも、幅広い音楽性で、世界中を旅する様子が表現されている。
◆ベース・レスの編成を活かし、軽やかなサウンドで、終始ゴキゲンにスウィングする。長年のコンビネーションによる洗練されたアンサンブルも聴きもの。
◆日本ではジプシーキングスのカヴァーで広く知られるようになった2曲目“ヴォラーレ”は、元々1958年の第8回サンレモ音楽祭で入賞した、イタリアのカンツォーネ歌手ドメニコ・モドゥーニョのヒット曲。ここではBernd Lhotzky(p) により軽快なスウィング・ナンバーにアレンジされている。奇妙なタイトルの4曲目“On A Slow Goat Through China”は、ジャズ・スタンダード“On A Slow Boat To China”のコード進行に基づいている。その他メンバーのオリジナルに加え、ナット・アダレイ“The Old Country”、デューク・エリントン“On A Turquoise Cloud”、コールマン・ホーキンス“Disorder At TheBorder”など、国や地域、場所などにちなんだ名曲の数々を独自のバンド・サウンドにアレンジ。ラストはシューベルトの名曲“Wohin?”までも、ゴスペル風にアレンジしてしまう!この曲の邦題は“どこへ?”であり、20年のツアーを思い返し、そしてこれからどこへ旅をしようかという未来へ向かう気持ちを表しているのだろうか。
◆古き良きジャズの伝統を現代の感性でたっぷり伝えてくれる、エコーズ・オブ・スウィング。今後の活躍にも期待です。

関連商品

  • Bix - Tribute to Bix Beiderbec…
    ACT-9826

0614427910424