What's Next

ANI-070
  • 発売前
  • アーティスト:Najponk
  • レーベル:ANIMAL MUSIC
  • 品番:ANI-070
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2018年1月初~中旬

チェコのメインストリーム・ジャズ・シーンの揺るぎなきパイオニア
人気ピアニスト、ナイポンクによるNew Trio!
ウラジミール・シャフラノフやスウィート・ジャズ・トリオでもおなじみの
Hans Backenrothがベーシスト!!

収録曲

Najponk / What’s Next

1. Some Groove For The King (Composer: Najponk) 2:25
2. Funkallero (Composer: Bill Evans) 4:24
3. Good Morning Heartache (Composers: Irene Higginbotham, Ervin Drake, Dan Fisher) 6:49
4. Blues For Gene (Composer: Milton Jackson) 5:00
5. Swingin´ The Blues (Composer: Count Basie, Eddy Durham) 2:13
6. Butterfly / Trio Version (Composer: Danyel Gerard) 5:42
7. You’Ve Changed (Composer: Carl Fischer) 5:40
8. Return Engagement (Composer: Horace Parlan) 3:44
9. Lotus Blossom (Composer: Billy Strayhorn) 2:08
10. Lester Leaps In (Composer: Lester Young) 2:40
11. Ma He´S Making Eyes At Me (Composer: Con Conrad) 5:19
12. Butterfly / Solo Version (Composer: Danyel Gerard) 2:38

メンバー:Najponk(p), Hans Backenroth(b, except 9,12),
Jiří Slavíček(ds, except 9,12), Barney Kantor(g 4,5,10)

★チェコのメインストリーム・ジャズ・シーンの揺るぎなきパイオニア、人気ピアニスト、ナイポンクによるNew Trio!
★ベースは、ウラジミール・シャフラノフやスウィート・ジャズ・トリオでもおなじみのHans Backenroth。現在までのトリオ作品でも、エディ・ヒギンズ的なサウンドを彷彿とさせるところがありましたが、本作では、ヒギンズの中でも、初期の感覚を感じさせる風合い。もちろんメロディアスなピアノは不変のものでありつつ、ブルース的な風合いが少し濃くなった特徴を感じさせます。
★楽曲はオリジナルほか、エヴァンスの名曲“ファンカレロ”や、クレア・フィッシャー、ホレス・パーラン、レスター・ヤングなどのジャズ・メン・オリジナル。またビリー・ストレイホーンの珠玉の名曲“ロータス・ブロッサム”は、ソロで演奏しています。
★3曲でギターが加わり、ロータス・ブロッサム含む2曲がソロとなりますが、ピアノ・トリオを中心に、作品として統一感もある作品。全編アコースティック・ピアノを演奏。現代に受け継がれるスウィンギーなピアノの魅力が溢れる一枚です。 

作品はレーベルサイトで試聴できます→https://animalmusic.cz/album/najponk-whats-next

8594155991358

Back to Top ↑