Blend Pages

CAMJ-7928
  • 発売中
  • アーティスト:Enrico Zanisi
  • レーベル:CAM JAZZ
  • 品番:CAMJ-7928
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


注目のイタリア若手ピアニスト、エンリコ・ザニシ
弦楽四重奏を交え、ルーツであるクラシックのサウンドをより深めた
作曲家としての才能も遺憾なく発揮した作品!
人気クラリネット奏者、ガブリエレ・ミラバッシ参加!!

収録曲

1. Uno (7:45)
2. Chevaliers (3:27)
3. Chiari (10:58)
4. Fighting For Change (5:47)
5. Prelude (3:26)
6. Danse Des Arbres (5:10)
7. Resonare (4:56)
8. Modulus (4:15)
9. Few Things Left (6:50)
All music by Enrico Zanisi

メンバー:
Enrico Zanisi(p), Gabriele Mirabassi(cl),
Michele Rabbia(perc, live electronics)
Quatuor IXI : Régis Huby(vln), Clément Janinet(vln),
Guillaume Roy(viola), AtsuShi Sakaï(cello)

◆イタリアの注目若手ピアニスト、エンリコ・ザニシは1990 年ローマ出身。2007年わずか17歳でマッシモ・アーバニ・アワーズを受賞し、2012年にはイタリアが誇る名ジャズ誌“Musica Jazz”の最優秀新人賞にあたるTop Jazz/Giovane Talentoを受賞。
◆リーダー作としては、ピアノ・トリオが3 作、サックスとのデュオ(共作)が1作、そしてソロが1 作。トリオとしての3作目『Keywords』ではバッド・プラスを彷彿とさせるようなロック好きな面も見せていたが、幼少期からクラシック・ピアノを学び、また自身の作品の中でもシューマンの“見知らぬ国と人々について”や“トロイメライ”といったクラシック楽曲を扱うなど、ザニシのルーツはやはりクラシックにあると言える。前作のソロ作ではそんなザニシのルーツであるクラシックと、ジャズ的即興が融合した美しい作品であった。
◆今作はルーツであるクラシックのサウンドを更に深めた作品。
◆ザニシのピアノに、イタリアの人気クラリネット奏者、ガブリエレ・ミラバッシ、パーカッションとエレクトロニクスのMichele Rabbia、そして弦楽四重奏Quatuor IXIが加わった編成。全曲ザニシのオリジナルで、細部まで作り込んだアンサンブルに即興も組み込まれ、ピアニストとしてだけでなく、作曲家としてのザニシを堪能できる。
◆透明感のあるピアノのタッチはクラシカルな楽曲とよく合う。電子音のサウンドもそれだけ浮くことなくあくまでもアンサンブルの一部として効果的に用いられる。室内楽的な弦楽四重奏のアレンジも緻密で美しく、重厚なハーモニーから対位法的な絡みも巧みに用いる。1曲目の後半でのフリー・インプロ的な箇所。3曲目のミラバッシによる優雅な歌心溢れるプレイで、サウンドがより華やかに。4曲目のアグレッシヴな弦楽アンサンブルなど、クラシックに精通し、楽器の特性もよく知っているであろうザニシだからこそのコンポジションだ。ドラマチックに盛り上がる6曲目でのミラバッシの好演も聴きもの。8曲目の、アコースティックなアンサンブルに溶け込むエレクトロニクスの使い方も興味深い。
◆ジャズとクラシックの融合。自身の音楽性を益々形にしていく若手ピアニスト、エンリコ・ザニシに注目です!

8052405143174