Nítido E Obscuro - Live at Venica & Venica Winery

CAMJ-7931
  • 発売中
  • アーティスト:Gabriele Mirabassi - Roberto
  • レーベル:CAM JAZZ
  • 品番:CAMJ-7931
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格

ガブリエレ・ミラバッシ(cl) &ホベルト・タウフィッキ(g)
イタリア、ブラジル・・2 人のルーツが滲む郷愁感もあふれるデュオ

収録曲

Gabriele Mirabassi – Roberto /
Nítido E Obscuro – Live at Venica & Venica Winery


1.Saci (Guinga – Paulo César Pinheiro) 3:12
2.Nítido E Obscuro (Guinga – Aldir Blanc) 2:56
3.Francisca (Toninho Horta) 4:22
4.Sinhá (Chico Buarque – João Bosco) 4:22
5.Assanhado (Jacob do Bandolim) 2:50
6.Ao Amigo Tom (Marcos Valle) 4:44
7.Chôro Mineiro (R.Taufic) 3:56
8.Donna Ornella (G. Mirabassi) 2:31
9.Igreja Da Penha (Guinga – Aldir Blanc) 4:10
10.Falação (Simon Papa – R. Taufic) 4:56
11.Pranto (Guinga) 3:20
12.Subindo A Cantareira (G. Mirabassi) 4:18
13.Nó Na Garganta (Guinga) 4:04
14.Um A Zero (Pixinguinha – Benedito Lacerda) 3:03

2017年6月録音

メンバー:Gabriele Mirabassi(cl), Roberto Taufic(g)

≪CAM JAZZ presents Jazz@Wineries≫
★イタリア、ペルージャ出身のガブリエレ・ミラバッシと、ホンジュラス生まれ、ブラジルにルーツをもつギタリスト、ホベルト・タウフィッキのデュオ・コンサート。2人は、イタリアのレーベルDodiciluneから2014年に一枚作品もリリースしています。
★このコンサートは、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のワイナリー、Venica & Venica Wineryにて。
★二人のルーツが表現された音楽がなんといっても魅力的。一聴して、クラリネットの音からトスカーナの風景/ 情景を感じたかと思うと、ギターの演奏にショーロの響きあり・・・スロー~ミディアムのゆったりしたリズムの曲では特に、二人が心に抱く音楽が、水彩画のように透明感をもったまま重なり合い、ノスタルジー/郷愁をそそります。
★双方50歳代、熟達したテクニックもあり、アップテンポの曲での即興も聴きもの。しかし、決して抽象的にならず、終始メロディアス。そこはやはり、イタリアでの生活が長い二人によるものだからでしょう。
★シリーズの他作品と同様、レコーディング及びミックスはステファノ・アメリオ、ミックスはダニーロ・ロッシ。アルテスオーノのスタジオで仕立てあげられています。

8052405143266