Everything In Between

CAMJ-7942
  • 発売前
  • アーティスト:Huw Warren
  • レーベル:CAM JAZZ
  • 品番:CAMJ-7942
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2019年3月中旬

クエルクス(ECM リリース/w J. テイバー, I. バラミーとのトリオ) の
ピアニストとしても現代、名を知らしめるベテラン・アーティストの最新作
ECM的美世界とブラジルの鬼才の楽曲をひとつの作品に昇華
エルメートのナンバーもグルーヴ感たっぷりに演奏する名演奏

収録曲

Huw Warren / Everything In Between

1. Mouli Baby (Huw Warren)
2. Everything In Between (Huw Warren)
3. First Love, Last Rites (Huw Warren)
4. Chorinho Pra Ele (Hermeto Pascoal)
5. Lampedusa (Dudley Phillips)
6. Mente Clara (Hermeto Pascoal)
7. Loro (Egberto Gismonti)
8. Porto Alegre (Dudley Phillips)
9. Choro Bandido (Chico Buarque – Edu Lobu)
10. Vou Vivendo (Pixinguinha – Benedicto Lacerda)
11. Musica Das Nuvens E Do Chão (Hermeto Pascoal)

メンバー:Huw Warren(p), Dudley Phillips(ac-b, el,-b), Zoot Warren(ds)

★ECMから2枚のCDをリリースしたクエルクス(ジューン・テイバー、イアン・バラミーとのヴォーカル、サックス、ピアノによるトリオ) のピアニストで、そのトラッド・ヴォーカリスト、ジューン・テイバーのアレンジャー、ミュージック・ダイレクターを長年務めるヒュー・ウォーレンの最新トリオ作品。
★イギリスのウェールズ州スワンシーの生まれで、ケニー・ホィーラーや、ジュリアン&スティーヴ・アーギュロスといった、イギリス拠点で活躍する名だたるアーティストとも共演。また、ECMの代表ギタリスト、ラルフ・タウナーや、イタリアを代表するクラリネット奏者ガブリエラ・ミラバッシらとも共演する他、ジョン・テイラーのドラマーとしても知られるマーティン・フランスを迎えて、その名も『エルメート』と題するトリオ作品もリリースしています。
★本作は、そんなウォーレンのECM的な世界と、ブラジル音楽へのリスペクトがあふれる良作ピアノ・トリオ作品。
★録音は、アルテスオーノのスタジオで、ステファノ・アメリオ。粒立ちのいいフレージングと透明感の高い美しいハーモニーが織りなす詩的なオープニングや、ジョン・テイラー~パレ・ダニエルソン~ピーター・アースキンのトリオを思わせる2曲目など、ECMの世界につながる世界観があります。しかし、コンポジションも、ソロの展開も、北欧的なものではなく明るさがあるのが、特徴。ウォーレン本人とベーシストのオリジナルを除く5曲のカバー・ナンバーはエルメートや、ジスモンチ、シコ・ブアルキとブラジルを代表するアーティストの楽曲。このセレクションが、ピアニスト本人によるものか、CAMのプロデューサー、エルマンノ・バッソの提案によるかは明らかではありませんが、ウォーレンのピアノには、詩的な中にも自然な光のようなものを感じさせるところがあり、それらの楽曲と好相性。楽曲が本来的にもつ美しさも十二分に引き出しています。特に、エルメートの特徴であるさまざまな変拍子を複雑に組み合わせたM4のような楽曲でもグルーヴ感抜群にメロディアスなフレージングを終始展開。また意外なイントロを導入部にしたジスモンチの名曲Loloの構想/ アレンジや、シコ・ブアルキの“ショーロ・バンジード”のみずみずしくサウダージがあふれる演奏にも、オリジナルな世界があります。
★ヨーロッパ的な美しさと、ブラジリアン・サウンドがひとつの世界に結晶されたピアノ・トリオ作品。CAM JAZZ のなかで長く語られそうな新しい名演です。

8052405143655

Back to Top ↑