Triplicity

DBCHR-75227
  • 発売前
  • アーティスト:Ricardo Pinheiro - Eric Ineke - Massimo Cavalli
  • レーベル:DOUBLE MOON
  • 品番:DBCHR-75227
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2018年10月下旬~11 上旬

数々のジャズ巨人と共演してきた
オランダ人ドラマー、エリック・イネケポルトガル、
イタリア出身のプレイヤーを迎えたギター・トリオ作品。

収録曲

Ricardo Pinheiro – Eric Ineke – Massimo Cavalli / Triplicity

1. Blues Just Because (04:28)
2. Cinema Paradiso (04:59)
3. If I Should Lose You (09:10)
4. Along Came Betty (05:27)
5. You’ve Changed (07:37)
6. Conception (03:20)
7. Retrato Em Branco E Preto (04:52)
8. When You Wish Upon A Star (06:33)

メンバー:
Ricardo Pinheiro – Guitar
Massimo Cavalli – Double bass
Eric Ineke – Drums

■デクスター・ゴードンのオランダでの数々のコンサートや活動を支えたオランダ人ドラマー、エリック・イネケ、イタリアのベーシスト、Massimo Cavalli、ポルトガル人ギタリスト、リカルド・ピニェイロの3人のユニットによるストレート・アヘッド作品。
■2016年に同レーベルより、デイヴ・リーブマン等と本作3人によるクインテット作品アルバム『Is Seeing Believing?』(DBCHR 75224) を発表して話題となった。5年ほど前から音楽的なリレーションを積み重ねてきた3人はポルトガルを始め様々なコンサートでも共演, 今回のアルバムの構想を温めてきた。
■本作はお馴染みのベニー・ゴルソンやジョージ・シアリング等のジャズメン・オリジナルを始め、エンニオ・モリコーネのイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の挿入曲、ジョビンのブラジリアン・ソング等、選曲も多彩である。出身国が異なる3人が全曲で軽快にスイングする息の合ったプレイは必聴である。アメリカ生まれのジャズをヨーロッパで継承する貴重なグループでもある。

0608917471229