Decidophobia

DMCHR-71350
  • 発売前
  • アーティスト:Maik Krahl Quartet
  • レーベル:DOUBLE MOON
  • 品番:DMCHR-71350
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2018年10月下旬~11 上旬

ドイツ語圏の若き才能を紹介する≪Jazz thing Next Generation≫!!
ドイツの若きジャズ・トランペッターが登場!

収録曲

Maik Krahl Quartet / Decidophobia

1. Dance Little Walnut Dance (08:38)
2. Demian (08:11)
3. Number 3 (06:28)
4. Via Metauro (07:07)
5. It Happened To Me (05:10)
6. Ombrophily (07:17)
7. Decidophobia (08:18)

メンバー:
Maik Krahl – Trumpet
Constantin Krahmer – Piano, Fender Rhodes (1,5,6) 
Bruno Muller – Guiter (2,3,4,7)
Oliver Lutz – Bass
Hendrik Smock – Drums

■ドイツ語圏の若き才能を紹介する≪Jazz thing Next Generation≫Vol.75
■Maik Krahlはドイツの若手ジャズ・トランペッターを代表する一人。本作は彼のファースト・アルバムである。
■1991年にバウツェンで生まれ、8歳でトランペットの演奏を始めた。 ドレスデンの大学でジャズを勉強した後、Folkwang University of the Arts エッセンで音楽ジャズ即興アーティストのマスターを務めた。 彼の最も重要な教師には、TillBröner、Malte Burba、アメリカのジャズトランペッターRyan Carniaux などがいる。
■彼自身のバンドに加えて、Krahlは定期的にクインテットで演奏、ケルン・サブウエイ・ジャズ・オーケストラのメンバーに所属、すでにこのバンドで3 枚のアルバムに参加している – Primal Scream(2015年)、 State of Mind(2016年)、 Richbeck Suite(2018年)。
■主なコンサートツアーは、ギリシャ、カナダ、クロアチア、リトアニア、オーストリア、セネガル等。そしてアメリカでではJohn Clayton、Kurt Elling、Herb Geller、Benny Green、Jeff Hamiltonなどのミュージシャンとコラボレーション。 2014年からは、ケルンのオープン・ジャズハウス・スクールで講師を務めるなどこれからの活躍が期待できるトランぺッターである。

0608917135022