Taktlos Zürich 2017

HATO 747
  • 発売中
  • アーティスト:Samuel Blaser
  • レーベル:HATOLOGY
  • 品番:HATO-747
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


来日公演も話題になったスイスのトロンボーン奏者
サミュエル・ブレイザーの強力新録音!!!
ギターにマルク・デュクレ,
ドラムはジャンゴ・ベイツ・バンドのピーター・ブルーン

収録曲

Samuel Blaser / Taktlos Zürich 2017

1. Stoppage (Marc Ducret) (24:28)
2. Fanfare For A New Theatre (Igor Stravinsky, 1964) Useless Knowledge (Marc Ducret) (9:43)
3. Jukebox (Samuel Blaser) (9:20)
4. How To Lose (Marc Ducret) (12:28)
Recorded live May 5th, 2017 at Taktlos Festival
2018, 1st Edition

メンバー:Samuel Blaser(tb), Marc Ducret(g), Peter Brunn(ds)

★マシュー・シップ盤と同じフェスティヴァルでのライヴ録音ですが、こちらはさらに新しい2017年のステージを収めた作品で、スイス出身のトロンボーン奏者サミュエル・ブライザーを中心とするトリオの演奏を聴くことができます。
★共演しているのはフランスの鬼才マルク・デュクレとデンマークのドラマー、ピーター・ブルーン。ブルーンはジャンゴ・ベイツのトリオ“Beloved”のメンバーとしても活躍中ですが、デュオとして活動していたブレイザーとデュクレに出会ったのは2013年のことで、それ以来3人はヨーロッパ、アジア、南米をツアーして120回ものステージをこなしてきたということです。
★様々に重心を移動しながら続いていく3人のフリー・インプロヴィゼイションは、それぞれの個性を前面に出しつつもよくバランスがとれています。ほとんどがデュクレかブレイザーの曲ですが、2曲目の前半に演奏されているのはストラヴィンスキーが1968年に完成したニューヨーク州立劇場のために書いた2本のトランペットのための「新しい劇場のためのファンファーレ」。セリー主義時代の作品なのでストラヴィンスキーならではの12音技法が用いられていますが、ブレイザーたちにはぴったりのレパートリーで、オリジナル・ナンバーの中に混ざっても何ら違和感はありません。

0752156074724