On the Way

INC-181
  • 発売中
  • アーティスト:Alberto Pizzo
  • レーベル:INCIPIT RECORDS
  • 品番:INC-181
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


来日も果たしたアルベルト・ピッツォ, ワールド・デビュー
南イタリアの情熱と喜怒哀楽の機微が織り込まれた世界

収録曲

Alberto Pizzo / On the Way

1. Oblivion
2. My Mironga
3. Mediterraneo
4. Gocce di Vita
5. Deeply
6. Confians
7. Paris 2011
8. Passione
9. Voce’e Notte
10. Bachianinha
11. Chopininha
12. Eternity
13. Nostalgia(from Eternity)

メンバー:
Alberto Pizzo(p,), Fabrizion Sotti(g=M1.2.3.4.5.6.9), Mino Cinelu(perc=M1.2.3.4.5.6.9, vo), Toquinho(g=M10), Renzo Arbore(cl=M9),
Francesca Schivo(vo=M9), David Knopfler(vo=M12), Martin Ditcham(ds), Peter Shaw(b), Harry Bogdanovs(g), Luca Signorimi(cello=M12)

☆イタリア、ナポリ出身。4歳よりクラシックピアノを始め、8歳でナポリ国立音楽院入学。2006年同音楽院大学院を首席にて修了。在学中より国内および国際ピアノコンクールにて多数優勝。今年2014年初来日を果たしたピアニスト、アルベルト・ピッツォのワールド・ワイドなデビュー作品。
☆南イタリアから単身ニューヨークへ。そこで出会ったギタリスト、ファブリジオ・ソッティに認められ、NY Bl ue Note に出演。注目を集め、本作につながりました。
☆魅力はルーツに根差したオリジナル楽曲の美しさと、確かな演奏と構成力。
☆地中海の明るい陽射しを感じさせる音楽は、南イタリア独特の情熱的なスピリッツが息づくもの。パッション溢れる演奏には、ラテンの気質が宿り、めくるめく音楽の展開には、同じラテンの血が流れるタンゴや、フラメンコといった音楽との共通性も感じさせ、聴く者を彼の土地にいざなう力も。一方、壮大な歴史が折り重なる土地に住む人々の喜怒哀楽の機微も織んだ音楽風景には、日本人の琴線に触れる繊細なものも宿しています。
☆イタリア国営放送にてオリジナル曲も採用されて、注目度も上昇中。将来を期待されたアーティストの最新作です。

8015948501818