The Lafayette Suite

JPCD-815003
  • 発売中
  • アーティスト:Laurent Coq, Walter Smith III
  • レーベル:JAZZ&PEOPLE
  • 品番:JPCD-815003
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


コック-スミス+強力リズム・セクション〜豪華メンバー集結!!
仏と米のジャズ・ミュージシャンのコラボ活動をサポートする
French American Jazz Exchangeのプログラムから生まれた一作
仏米の歴史、友情において象徴となる
ラファイエットを題材にした一大プロジェクト!

収録曲

Laurent Coq – Walter Smith III / The Lafayette Suite

1.Comte de Broglie 6:04
2.Baron Johan De Kalb 5:24
3.Pasajes de San Juan 4:25
4.Charleston, South Carolina, June 13, 1777 3:42
5.Major Benjamin Huger 5:01
6.General George Washington 3:27
7.The Battle of Brandywine 8:39
8.Valley Forge 2:58
9.Comte de Rochambeau 5:55
10.Yorktown 4:02
composed by Laourent Coq(1-3-5-9), and Walter Smith III (2-4-6-8-10)

メンバー:Laurent Coq(p), Walter Smith III(ts), Joe Sanders(acoustic and electric basses), Damion Reid(ds)

★フランス生まれ、ジョン・ヒックス、マルグリュー・ミラー、ブルース・バースといった名だたるピアニストに師事し、着実な活躍を見せるローラン・コックと、今や当代屈指のテナー奏者ともなったウォルター・スミスIIIのコラボレーション。
★フランスとアメリカのジャズ・ミュージシャンのコラボレーション活動をサポートするFrench American Jazz Exchange=FAJEのプログラムの一環として、制作された作品のテーマは、(マリー=ジョゼフ・ポール・イヴ・ロシュ・ジルベール・デュ・モティエ・)ラファイエット。ラファイエットはアメリカ独立戦争に義勇兵として渡り活躍。ジョージ・ワシントンの近しい友人ともなり、アメリカ市民権も得て、フランスに帰国後は「新大陸の英雄」とも称えられた人物で、フランスとアメリカの交流や友情のシンボルとして、本作品制作の大きな原動力になったとのこと。そして、その思いは、10個のチャプターをつなげた組曲の構想へと発展しました。
★原案は、コックが出し、ラファイエットの活躍をめぐる場所や、重要な出来事、人々を選んだとのことですが、それらのテーマを元にした作曲はコックとスミスで半々の5曲ずつ。また曲順も、コックの楽曲と、スミスの楽曲を交互に配置。通常では、二人の楽曲が交互となることにより、曲の傾向が変わったりしてしまいそうですが、正に“共同作業”というフィロソフィーに則った本作では、一つの壮大な物語的世界の創作に成功しています。
★端正でクラシカルな響きを持つコックのピアノ、ダイナミックなブロウを見せるウォルター・スミスIII。ヴィジェイ・アイヤーや、ジェラルド・クレイトンといったバンドで活躍するジョー・サンダース、ロバート・グラスパーのバンド等で様々に話題に上るダミオン・リードといったアーティストのバックアップも功を奏し、カルテットとしての完成度はある意味レギュラー並み。
★FAJEというバックアップあっての大きな成果を感じる作品です。

3149028065824

Back to Top ↑