The Message

MAC-1116
  • 発売前
  • アーティスト:Stanley Clarke
  • レーベル:MACK AVENUE RECORDS
  • 品番:MAC-1116
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売日:2018年7月7日

初リーダー作から45年、4度のグラミー受賞
若手メンバーを中心にしたスタンリー・クラーク、4年振りの新作
あくなき追究心と世代をつなぐ意志が結実させた一作

収録曲

Stanley Clarke / The Message

1.And Ya Know We’re Missing You (1:58)
Dedicated to Al Jarreau, Leon ‘NDUGU’ Chancler, Tom Petty, Chuck Berry,
my good friends Larry Coryell and Darryl Brown
2.After The Cosmic Rain/Dance Of The Planetary Prince (6:59)
3.The Rugged Truth (3:32)
4.Combat Continuum (5:04)
5.The Message (2:47)
6.Lost In A World (5:31)
7.Alternative Facts (3:46)
8.Bach Cello Suite 1 (prelude) (2:25)
9.The Legend Of The Abbas And The Sacred Talisman (4:03)
10.Enzo’s Theme (3:44)
11.To Be Alive (4:52)

メンバー:
Stanley Clarke(acoustic bass, piccolo bass, alembic bass), Cameron Graves(synth),
Beka Gochiashvili(acoustic piano, synth), Mike Mitchell(ds) 他

★初リーダー作リリースから45年、4度のグラミー受賞にも輝くジャズ・ベースの巨匠、スタンリー・クラークの4年振りの新作。
★前作『Up』は、Mack Avenueでの第一弾となり、その当時までのキャリアを総括すると同時に、LAの新しい潮流を形創るメンバーと未来を示した超大作。チック・コリアを始めとした巨匠から、同世代アーティスト、そして、カマシ・ワシントンまで、総勢20名を越えるアーティストが参加し、“ブラジリアン・ラヴ・アフェア”や“スクール・デイズ”といった往年の名曲を演奏したことでも話題になったものでした。
★それに対して、本作は、若手のメンバーを核にした作品となりました。
★近年ではおなじみとなりつつある通り、スタンリーは自らのバンドを率いてツアーをし、注目の若手をフィーチャー。従来の範疇のみならず、現代のLAシーンでも再び存在感を大きく示しつつありますが、今作は、その新世代アーティストたちとの演奏。というのも、スタンリーたちは2015年、ヨーロッパのツアー途中、チュニジアでテロが起こり、足止めとなってパリに滞在。その滞在先で、3人のメンバーが楽曲を創り、数日後、ベルギーのレコーディング・スタジオに入って、録音に至ったのです。つまり、この作品は不穏な社会的な事件という偶然が原点。しかし、結果は、スタンリー自身も、≪会心の作品≫となったようです。
★「近年の僕の活動と言えば、スタンリーのバンドとカマシ・ワシントンのバンドを行ったり来たりなんだ」と語ったキャメロン・グレイヴス、ジョージア(グルジア)が生んだ神童ベカ・ゴチアシュヴィリ、テキサス出身のドラマー、マイク・ミッチェルとの録音。スタンリー曰く「この演奏には興奮している。作品はメンバーの創った曲も収録することができて、ファンキーで、メロディック、コンテンポラリーで、音楽的。様々なジャンルの音楽が豊かに息づいて、新鮮なものになった。このバンドのメンバーは従来のスピリッツももった若いミュージシャンだ」とも語っています。
★作品化に際しては、ヨーロッパからLAに戻ったスタンリーがアレンジ&オーケストレート、及び追加曲を録音。そのサウンドには、70年代初頭のリターン・トゥ・フォーエヴァーの曲をベースにして、キャメロン・グレイヴスのシンセをフィーチャーしたM2のようなナンバー、アレンビック・ベース(M5)と、アコースティック・ベース(M8)の表現の可能性を追究したナンバーを一曲づつ収録するという従来の路線もしっかり踏まえつつ、Doug E.Freshのヒューマン・ビートをフィーチャーしたヒップなオープニングとクロージングも。また神童と言われ、ジョージア/トビリシからNYに渡ったベカ・ゴチアシュヴィリの超絶アコースティック・ピアノ・ソロも大きくフィーチャー。スタンリー曰く、「ベカは、いつかキース・ジャレットと同じような影響力のある素晴らしいソロ・ピアニストになると予知しているんだ」と大絶賛。M7のピアノなども聴きものです。
★このメンバーは、2015年9月に来日もしているメンバーたち。数々のインタビュー・リクエストを受けたスタンリーはその時、“私の話より、バンド・メンバーの話を紹介してほしいんだ”、とも。2010年代、スタンリーが惚れこみ、世代を越えてリスペクトするアーティストとの作品です。

0673203111622