Cyrille Aimée Live

MAC-1139
  • 発売中
  • アーティスト:Cyrille Aimée
  • レーベル:MACK AVENUE RECORDS
  • 品番:MAC-1139
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


現代最も注目を集める実力派女性シンガー、シリル・エイメー
マヌーシュのスウィング感をルーツに、
軽やかかつメランコリックなPOPナンバーと本格派な歌唱を披露!!
ニューオリンズに拠点を移し、なじみのメンバーとのラスト・ギグ
ポワソン・ルージュ(NY)の観客も最高に盛り上がったパフォーマンス!!

収録曲

Cyrille Aimée / Cyrille Aimée Live

1.It’s A Good Day (4:31)
2.Nuit Blanche (5:55)
3.Si Tu Vois Ma Mère (6:12)
4.Live Alone And Like It (8:08)
5.Wanna Be Startin’ Somethin’ (4:51)
6.Off The Wall (5:11)
7.Day By Day (3:56)
8.It’s Over Now (Well, You Needn’t) (7:49)
9.Three Little Words (4:13)
10.Each Day (6:56)

メンバー:Cyrille Aimée(vo, Bass RG-505 loop station), Adrien Moignard(ac-g),
Michael Valeanu(el-g), Dylan Shamat(ac-b), Dani Danor(ds)

★現代最も注目を集める実力派シンガーとなったシリル・エイメーの、2017年8月、ニューヨーク、ポワソン・ルージュでのコンサート・パフォーマンス!
★1984年フランス、フォンテーヌブロー生まれ。フランス人の父と、ドミニカ人の母の間に生まれ、スタートは街角でのストリート・パフォーマンスから。しかし、ジャンゴ・ラインハルト・フェスティヴァルで脚光を浴び、アポロ・シアターでのラフなコンサートも経験する一方、ウィントン・マルサリスとリンカーン・センター・オーケストラをバックにした公演まで、百戦錬磨という言葉も似合う彼女。そんな経験も踏んだステージには、風格というものさえ、漂います。
★しかし、その世界は、どんな時もニュートラル。気取ることのない、自然さが特長。マヌーシュのスウィンギーなリズムに正確無比なヴォーカリーズは、ライヴという場でこそ、盛り上がるというものであり、本ライヴでは、長年共演してきた、名ギタリスト、アドリアン・モワニャールを筆頭に、なじみのレギュラー・バンド・メンバーと抜群の一体感で、会場も最高に盛り上がります。
★作品は、Mack Avenueでの第一弾作品となったタイトル曲“It’s A Good Day”でスタート。そのパフォーマンスはご機嫌そのもの。自在で、表情も豊かなエイメーの歌唱はもちろんのこと、バンド・メンバーともピッタリの呼吸。アコースティック・ギターの軽やかなカッティングに絡むエレキの超絶ソロも聴きもので、オープニングだけで、グッとつかまれます。エスプリの利いたフランス語によるエイメーのオリジナルM2や、シドニー・ベシェのM3は洒落た風合い。一方スタンダードとして名高いM7<Day by Day>のようなナンバーのヴォーカリーズには、往年のジャズ・ヴォーカル・ファンも“うならせる”ものがありますし、自身の声もサンプリングしたマイケル・ジャクソンの<Wanna be Startin’ Somethin’>ではコーラスワークやヒューマン・ビートなどもまじえてのトータルな演出も。会場は歓声とハンド・クラッピングで、あふれ返ります。
★実は、このバンド・メンバーたちとの活動はしばしお休み、現状最後のパフォーマンスとなるとのこと。フランスからブルックリンに拠点を移して活動していたシリル・エイメーでしたが、ニューオリンズに拠点を移したのです。しかし、これは、新たなインスピレーションとエナジーを得るためにあえてシリルが選んだ旅立ち!
★アルバムに挿入されたブックレットの写真を見ても、当日のバンドのノリの良さと、仲の良い雰囲気が伝わってきます。ラストはMack Avenueの第二弾作品『Let’s Get Lost』に収録された名曲“Each Day”で、ちょっとメランコリックに、ノスタルジーをそそってフィニッシュ。このバンドの休止は残念でなりませんが、才能あふれるシンガーの今後がとても楽しみになる一作です。

0673203113923

Back to Top ↑