Beets meets Rosenberg - Django Tribute

MBJ-74608
  • 発売前
  • アーティスト:Peter Beets & Stochelo Rosenberg
  • レーベル:MAGIC BALL JAZZ RECORDS
  • 品番:MBJ-74608
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2019年3月初旬

オランダを代表する人気ピアニスト、ピーター・ビーツ
マヌーシュ・ジャズの人気モノ、ストケロ・ローゼンバーグ
自由なスピリッツで奏でるジャンゴ・ナンバー!
マヌーシュの憂いと、陽気さが交錯するライヴ録音!!

収録曲

Peter Beets & Stochelo Rosenberg /
Beets meets Rosenberg – Django Tribute

1. Douce Ambiance (Reibhardt | 7:20)
2. Tears (Reibhardt | 08:16)
3. Django’s Tiger (Reibhardt | 05:31)
4. Nuages (Reibhardt | 06:13)
5. You Look Good To Me (Wells | 06:46)
6. In A Sentimental Mood (Ellington | 07:08)
7. Djangology (Reibhardt | 05:06)
8. Minor Swing (Reibhardt/Grappelli | 06:33)

メンバー:Peter Beets (p), Stochelo Rosenberg (g),
Martin Limberger (g), Frans van Geest (b)

★日本にもたびたび来日して人気を博す、オランダを代表するピアノの名手ピーター・ビーツと、マヌーシュ・ジャズの人気アーティスト、ストケロ・ローゼンバーグによる、ジャンゴ・ラインハルトのトリビュート作品。マヌーシュ・ジャズのフィールドにおいて世界的に活躍する2人のギタリスト、メインストリームのジャズのフィールドで、インターナショナルに名をなす2人。4人は長い期間の友情関係で結ばれたアーティスト。活動の“主軸”は違いますが、ビーツは王道ジャズと共に、マヌーシュ・ジャズに正面から取り組んできたピアニスト。それだけに自由なスピリッツと化学反応もあり、その成果がここに、おさめられています。
★録音は2018年10月26日、オランダ、ベルゲンでのライヴ録音。8曲中6曲は、テーマとなるジャンゴ・ラインハルトの楽曲で、名曲そろい。スロウ、ミディアム、アップテンポとテンポもさまざまに、マヌーシュ独特の憂いがにじむマイナー・ムードのもの、それと鮮やかなコントラストとなる、陽気なナンバーとさまざまなテイストをチョイス。マヌーシュ・ジャズの大パイオニアのコンポジションを題材に、自在な演奏が展開されています。一方、ビーツが敬愛するピーターソンの『プリーズ・リクエスツ』にも収録され、可憐な演奏で知られる“You Look Good To Me”や、ステファン・グラッペリとジャンゴでの名演も残るエリントンの“イン・ナ・センチメンタル・ムード”なども演奏。聴きどころになっています。
★特にスウィング感抜群のアップテンポなリズムで2 本のギターと粒立ちのよいピーター・ビーツの華麗なソロが展開されるM3の“Django’s Tiger”など、めくるめく展開。ローゼンバーグのギターとビーツのピアノが掛け合いを見せる場面もあり圧巻そのもの!一方、M4の“Nuages”はローゼンバーグの巧みなソロが魅力。また2 拍子の軽快なリズムにのって楽しさがあふれる“Djangology”や、ジャンゴとグラッペリの名コンビが生んだ陰影感に富む名曲”Minor Swing”なども聴きものです。
★スウィンギーなリズムと、88 鍵のピアノを幅広く使ってダイナミックな演奏も見せるピアノの演奏の数々。2019年、1月を中心に2月3月とこのメンバーでツアーもまわっています。

0608917460827

Back to Top ↑