At Onkel Pö's Carnegie Hall, Hamburg 1975

N-77046
  • 発売前
  • アーティスト:Johnny Griffin – Eddie Lockjaw Davis Quintet
  • レーベル:JAZZLINE
  • 品番:N-77046
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2CD

  • 発売予定時期:2017年10月下旬

人気テナー・バトル・チーム、グリフィン&ロックジョウ
1975年ハンブルクOnkel Pö's Carnegie Hallでの未発表音源!
数々の傑作を残したコンビTough Tenors
“聖者が町にやってくる”のような歌もののフレーズも織り交ぜる
この2人ならではのパワフルかつメロディも印象的な演奏満載!

収録曲

Johnny Griffin – Eddie Lockjaw Davis Quintet / At Onkel Pö’s Carnegie Hall, Hamburg 1975

CD1
1. C Jam Blues (Duke Ellington) (7:50)
2. On Green Dolphin Stree (Bronislaw Kaper) (16:22)
3. Sophisticated Lady (Duke Ellington) (13:54)
4. In Walked Bud (Thelonius Monk) (11:59)

CD2
1. I Can´t Get Started (Duke Vernon) (5:47)
2. Stomping At The Savoy
(Benny Goodman, William Henry Webb, Edgar M. Samson) (15:49)
3. Funky Flute (Benny Green) (21:27)

Recorded August 8, 1975at Onkel Pö’s Carnegie Hall, Hamburg, Germany
Recorded by NDR Hamburg

メンバー:
Johnny Griffin(sax), Eddie „Lockjaw“ Davis(sax), Tete Montoliu(p),
Nils-Henning Orsted_Petersen(b), Art Tayloe(ds)

★ふたりのテナー・サックス奏者が個性を競いつつ熱い演奏を繰り広げる“テナー・バトル”チームは、ビ・バップ期以降モダン・ジャズの時代に入っても大きな人気を誇りました。デクスター・ゴードン~ウォーデル・グレイをはじめ、ソニー・スティット~ジーン・アモンズ、アル・コーン~ズート・シムズといったチームはもちろん、数あるビッグ・バンドも対照的なテナー奏者をふたり揃えて彼らのソロ・バトルを売り物にしていました。
★そんなチームの中で最もワイルドかつダイナミックなプレイを聴けるのが、ジョニー・グリフィンとエディ・“ロックジョー”・デイヴィスのコンビでしょう。彼らは、1960年代の初頭、数年間にわたって“Tough Tenors”と呼ばれるレギュラー・グループを持ち、名門PrestigeやRiversideの傍系Jazzlandにいくつもの傑作を残した他、共にケニー・クラーク~フランシー・ボラン・ビッグ・バンドで活躍したり、70年代以降80年代半ばに至るまで何度もコンビを復活させてファンを楽しませてくれました。
★これは、1975年8月8日にハンブルクのクラブ“Onkel Pö’s Carnegie Hall”で実現した再会セッションを収めたアルバムで、テテ・モントリュー、ニールス・ヘニング・オルステッド・ピーダスン(ニールス・ペデルセン)、アート・テイラーという彼らにとっては初共演となる強力なリズム・セクションをバックにふたりの熱いプレイが繰り広げられています。
“Sophisticated Lady”と“In Walked Bud”を除くと彼らの共演録音は他に残されていません。グリフィンをフィーチュアした“Sophisticated Lady”とロックジョーのショウケイスとなっている“I Can’t Get Started”というふたつのバラード演奏も絶品です!

関連商品

  • At Onkel Pö's Carnegie Hall, H…
    N-78046

5055551770464