At Onkel Pö's Carnegie Hall, Hamburg 1982

N-77045
  • 発売前
  • アーティスト:Woody Shaw
  • レーベル:JAZZLINE
  • 品番:N-78045
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2LP

  • 発売予定時期:2017年10月下旬

ウディ・ショウ,High Note作品に続き,1982年未発表音源が登場
コロンビア盤『United』で初めて顔を揃えたクインテットの
ライヴならではの熱気がほとばしる!!
Enja,Elektra Musician,Redでの諸作品も補完する貴重音源

収録曲

Woody Shaw / At Onkel Pö’s Carnegie Hall, Hamburg 1982

LP1
1. Katrina Ballerina (Herman II “Woody” Shaw) (19:28) [sideA]
2. Joshua C. (Herman II “Woody” Shaw) (17:31) [sideB]

LP2
3. Sunbath (Peggy Stern) (19:02) [sideC]
4. Diane (13:12) [sideC] <LP-Bonus-Track>
5. To Kill A Brik (Herman II “Woody” Shaw) (13:11) [sideD]

Recorded January 13, 1982 at Onkel Pö’s Carnegie Hall, Hamburg, Germany
Recorded by NDR Hamburg

メンバー:
Woody Shaw(tp, flh), Steve Turre(tb), Mulgrew Miller(p), James Stafford(b), Tony Reedus(ds)

★このところウディ・ショウの未発表演奏が続々と発掘されているのは嬉しい限りです。ウディは、フレディ・ハバードの良きライヴァルでしたが、フレディがあまりの技術の高さ故に「自分の声」を確立することにやや苦労したのに対し、ウディは、音程のインターヴァルを大きくとる独自のフレイジングを若くして確立し、フレディよりも鋭角的かつスリリングなスタイルで高い評価を得たのでした。
★ウディは1970年代中頃から自らのグループを率いて活躍しましたが、これは1982年にハンブルクのクラブ“Onkel Pö’s Carnegie Hall”で行われたライヴ・パフォーマンスを収録したCDで、スティーヴ・トゥーレ、マルグリュー・ミラー、スタフォード・ジェームズ、トニー・リーダスを加えたクインテットによる覇気に満ちた演奏をたっぷりと楽しむことができます。
★このクインテットは、1981年3月7日録音の米コロンビア盤『United』で初めて顔を揃え、以降1983年初頭までの間にenja、Elektra Musician、Redといったレーベルにいくつもの力作を残していますが、ここに発掘された演奏は、それらを補完し、クインテットの魅力を余すところなく伝える充実した内容。演奏されている4曲はいずれも他のアルバムで披露されているウディ自身のオリジナルですが、ライヴならではの熱気がオリジナル・ヴァージョン以上の衝撃を与えてくれます。

関連商品

  • At Onkel Pö's Carnegie Hall, H…
    N-77045
  • ザ・ツアーvol.2
    KKJ-1024
  • The Tour - Volume Two
    HCD-7308
  • ザ・ツアーvol1 1976 シュトゥットガルト
    KKJ-1017
  • The Tour Volume One
    HCD-7291

5055551780456