I Love Music

SCD-2135
  • 発売中
  • アーティスト:Mike LeDonne
  • レーベル:SAVANT RECORDS
  • 品番:SCD-2135
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


High Note/Savantの常連アーティストたちによる痛快なオルガン・カルテット!
このノリ、勢い、不変のジャズのカッコよさです

収録曲

Mike LeDonne / I Love Music

1. Blues for Gene
2. I Love Every Little Thing About You
3. I Love Music
4. Put on a Happy Face
5. Blues for Ball
6. The World is a Ghetto
7. Do I Do

メンバー:Mike LeDonne(Hammond B3 organ), Eric Alexander(ts), Peter Bernstein(g), Joe Farnsworth(ds)

★High Note / Savantの常連アーティストたちによる痛快なオルガン・カルテットによるソウルフルなハード・バップ・サウンドが満載!
★聴けば、体も疼きだす、ノリの良いサウンド!ジョー・ファーンズワースの叩きだすストレートで、ツボを抑えたドラミングは本当に心地いいというものです。
★マイク・ルドーンはSavantで7作目になりますが、そのうち5作がこのメンバー(カルテット) によるもの。確実なレギュラーによる演奏であり、また、相性もいいのでしょう。
★振り返れば、ルドーンがシーンに登場してきたのは、90年代初頭。ニュー・ハード・バップの流れと共にブルックリン/トリスターノ派の流れがNYの地に興った時代において、ルドーンはエリック・アレキサンダーと共に王道の流れを貫いた代表的アーティストですが、ここでの演奏を聴くと、充実の演奏を続けて来たアーティストの姿を感じます。
★特にアップ・ビートで、飛ばしまくる3曲目。オルガン・サウンドや、エリック・アレキサンダーのブローには、90年代とは違った余裕と貫禄が見えます。
★ブルージーな演奏を聴かせるピーター・バーンスタインも相変わらず、いい味を出しています。
★往年のハード・バップの良さ、勢いを体感できる一作です!

トピックス

エリック・アレキサンダー/ジョン・ファーンズワース ただ今来日中!

18(Fri) 浜松 Jazz Bar “Hermit Dolphin”
19(Sat) 京都 Live spot “Gion JTN”
20(Sun) 新居浜 “St. Germain”
21(Mon) 大阪 “Billboard”
22(Tue) 高松 サンポートホール高松 第一小ホール
23(Wed) ホテル・グランヴィア岡山 “Applause”
24(Thu) 福岡 “Backstage”
25(Fri) 大分 Live House “Brick Block”
26(Sat) 下関 Jazz Club “Billie”
27(Sun) 広島 Café & Jazz “Speak Low”
28(Mon) 名古屋 ”Blue Note”
29(Tue) 東京 “Cotton Club”
30(Wed) 東京 “Cotton Club”

0633842213521

Back to Top ↑