Intersecting Lines

SCD-2137
  • 発売中
  • アーティスト:ジェリー・バーガンジ
  • レーベル:SAVANT RECORDS
  • 品番:SCD-2137
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


ベテラン, バーガンジの2管カルテット

収録曲

Jerry Bergonzi / Intersecting Lines
1. Intersecting Lines
2. Dream Step
3. Creature Feature
4. Tanzania
5. Marshland
6. Mo-ment
7. Dig Oatts
8. Someplace Out / A Granny Winner
9. Itchy
10. Saddle Back
11. Arbonius Unt
12. Horton’s Lament

メンバー:Jerry Bergonzi(ts), Dick Oatts(as), Dave Santoro(b), Andrea Michelutti(ds)

★1947年生まれ、ベテラン・サックス奏者、ジェリー・バーガンジの最新作品。時代的には、49年生まれのマイケル・ブレッカーと同世代。スタイル的に、バップ~ハード・バップ~モードという路線に則って、POP路線に行くことなくジャズ路線を貫いて来ただけに、日本でのイメージは決して派手ではないものの、一環したスタイルとアウト・フレーズも盛り込んでの攻めの演奏は正に本格派の魅力。また、勢い盛んな90年代には、毎月のように参加作品がリリースされ、日本のコアなジャズ・ファンの目を引き付けたものでもありました。
★本作は、そんなバーガンジがアルトのディック・オーツと二管ピアノレス・カルテットでストレートに決めた一作。ベースには、長年の共演歴を誇るデイヴ・サントロと、サントロと近年よくタッグを組むアンドレア・ミケルッチ。
★ハーモニーを規制しがちなピアノがいない分、サックスのラインは自由にして奔放。いわゆるビバップの面白さを追究したM5 のようなナンバーあれば、60年代的なハード・バップの魅力あり、バーガンジのモーダルでダイナミックな演奏が、オーツと対照的に響くようなM-8のようなナンバーあり、意外にもトリスターノ的な雰囲気を薫らす演奏あり。
★心地よい切れ味が光る、しなやかなドラミングも聴きもの。王道のサックス作品です。

0633842213729

Back to Top ↑