Bloom

SCD-2139
  • 発売中
  • アーティスト:JD アレン
  • レーベル:SAVANT RECORDS
  • 品番:SCD-2139
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


ピアニストを迎え、新展開を見せるJD アレンの力作!

収録曲

JD Allen / Bloom
1. Jack’s Glass
2. BLOOM
3. The secret lives of Guest workers
4. The Dreamer
5. A throng of millions can be one
6. If You Could See Me Now
7. Stardust
8. The Rule of Thirds
9. Pater Noster
10. Car – Car (The Blues)

メンバー:JD Allen(ts), Orrin Evans(p), Alexander Claffy(b), Jonathan Barber(ds)

★ 21世紀突入直前にシーンに現れたJD アレンが再び、ピアニストを迎えたカルテットで動き始めて2作目。
★デビューは99年、イタリアRedから。当時、同世代のアーティストがトリスターノ的な演奏で一つの流れをつくっていた頃も、コルトレーン、ロリンズといったアーティストの延長線上でディープに吹いていたのがこのアレン。Criss Cross諸作品を経て、近年はSunnysideでピアノレス・トリオでの独自表現を追究してきましたが、前作『Grace』から再びピアニストを招いてのカルテットを始動。その動きが、再び注目を集めそうな予感です。
★というのも、通常、ピアニストの参加はある意味、定形化の予感も漂わせますが、本作品には、その感覚は皆無。
★前作に参加したエルダーも、ハーモニーを決して縛ることなく、自由な空間を解放し、60年代的なスピリチュアリティを漂わせる演奏が話題になりましたが、オリン・エヴァンスが加わった本作もその延長線上で、一歩進めた作品と言えそう。そこには、60年代のウェイン・ショーターを彷彿とさせるものも・・。マイルス・グループでの諸演奏と共に、同僚ハービー・ハンコックや、マッコイ・タイナーといったピアニストを迎えたBlue Note諸リーダー作での、ミステリアスで宇宙的な世界が現代に蘇るような感覚は、時代をさかのぼりつつも、今の時代に新鮮に響きます。
★ケニー・ギャレットと同じデトロイト出身。デビュー当時にはケニー・ギャレットのテナー版などという表現もありましたが、もはやそうした形容も不要と感じさせる作品。意表をつくスタンダード演奏や、ラストには王道のスウィンギーなリズムもありますが、JDアレン・・・ゆっくりと、しかし、大きく動き出した予感。本作で再び、今後が楽しみになりました。

0633842213927

Back to Top ↑