Happiness!

1485Digipak
  • 発売中
  • アーティスト:Benny Green
  • レーベル:SUNNYSIDE
  • 品番:SSC-1485
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


ベニー・グリーン自らも驚いた絶好調のライヴ演奏!
ベティ・カーター,ブレイキー,レイ・ブラウンと共に舞台を踏んだ
重要拠点クンブワ・ジャズ・センターでの録音再び!

収録曲

Benny Green / Happiness!

1. introduction
2. The St. Vitus Dance (Horace Silver)
3. announcement
4. Down Under (Freddie Hubbard)
5. Martha’s Prize (Cedar Walton)
6. Sixth Avenue (Cedar Walton)
7. 50-21 (Thad Jones)
8. Chant (Duke Pearson)
9. Pittsburgh Brethren (Benny Green)
10. Twisted Blues (Wes Montgomery)

録音:2016年6月13日 カリフォルニア州サンタクルーズ, クンブワ・ジャズ・センター

メンバー:Benny Green(p),David Wong(b),Rodney Green(ds)

★ベテランの域にも突入した人気ピアニスト、ベニー・グリーンの大絶好調ライヴの登場!
★場所は、カリフォルニア州サンタ・クルーズにあるクンブワ・ジャズ・センター!この場所は、ベニーのジャズ・キャリアにとってホーム・グラウンドというべき、重要な拠点。このクラブはベティ・カーター、ブレイキーのメンバーとして出演した場所であり、のち93年にレイ・ブラウンの作品を録音したのもこのクラブで、30歳の誕生日を祝ってもらった場所でもあるのです。さらに、2013年、14年には、50歳を迎えたことを節目ととらえ、クラブオーナーと相談し、ライヴ録音を決行。その成果が『Live in Santa Cruz!』(SSC.1401/KKE047)として作品化されたのは、記憶に新しいところです。
★そして、本作は、再び同地での、なじみの仲間とのライヴ録音。デヴィッド・ウォン、ロドニー・グリーンとは、昨年2016年に来日も果たしており、その内容の高さは、背景だけみてもお墨付きという感じですが、実際、このライヴには、聴く人の心を躍らせるものがあります。
★しかし、それもそのはず。本作(本ライヴ)、最初は、作品化を考えずいつもの習慣のように録音していただけながら、その録音をベニー・グリーン自身が聴いて驚き、作品化を決意したというものなのです。つまり、アーティスト自身が、予想を越える演奏の好調ぶりを感じての結果がここにあるのです。
★“自分自身の気分を最高に高めてくれる魔法の空間”とベニー・グリーンが語る場所には、その夜も熱心な観客が集合。その熱気がトリオにさらにエネルギーを与えたのは、いうまでもないでしょう。演奏前のイントロダクションだけでも、観客の期待が伝わってやみませんが、演奏が始まると、その場の空気は白熱の一途。勢いあふれるスウィンギーなリズムに、ジャズ・ピアノの王道というべきブルーズ感覚を感じさせるフレージングが、抜群のテクニックをもって決まり、会場には熱があふれます。
★『Live in Santa Cruz』とはうって変り、今回はスタンダード・ナンバーが中心の構成も興味深いところ。ブレイキーのバンドで活動したグリーンらしく、ホレス・シルヴァー、フレディ・ハバード、シダー・ウォルトン、サド・ジョーンズ、デューク・ジョーダン、ウェス・モンゴメリーといった黄金のジャズ時代を物語る名曲が並びます。
★2016年6月13日録音。52歳となったピアニストの好調ぶりを伝える名ライヴ作品です

関連商品

  • ハピネス!
    KKE-063
  • Live in Santa Cruz!
    SSC-1401
  • ライブ・イン・サンタ・クルーズ!
    KKE-047

0016728148528