Wishing On The Moon - Live At Dizzy's Club Coca-Cola in New York City

SSC-1514
  • 発売中
  • アーティスト:Denny Zeitlin
  • レーベル:SUNNYSIDE
  • 品番:SSC-1514
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


ベテラン、デニー・ザイトリン、アコースティックなピアノ・トリオ!!
現在も続く不動のトリオによる、2009年ライヴ録音
ビル・エヴァンス・トリオを彷彿とさせる3人のインタープレイ
変幻自在のアンサンブルで、このトリオのベストとも言える好演!!

収録曲

Denny Zeitlin / Wishing On The Moon – Live At Dizzy’s Club Coca-Cola in New York City

1. All Of You (Cole Porter) (11:09)
2. Wishing On The Moon (Denny Zeitlin) (10:12)
3. As Long As There’s Music (Jule Styne) (5:54)
Slickrock (Denny Zeitlin)
4. Dawn; Gathering (3:47)
5. On The Trail (4:04)
6. Recovery (5:07)
7. On The Trail Again (3:35)
8. Put Your Little Foot Right Out (Public Domain) (6:55)
9. There And Back (Denny Zeitlin) (6:45)
10. Bass Prelude To Signs & Wonders (Buster Williams) (1:34)
11. Signs & Wonders (David Friesen) (6:12)

Recorded at: Dizzy’s Club Coca-Cola, Jazz at Lincoln Center, New York City, March 10, 2009

メンバー:Denny Zeitlin(p), Buster Williams(b), Matt Wilson(ds)

◆1938年生まれ、2018年4月に80歳を迎えたベテラン・ピアニスト、デニー・ザイトリン。2001年から始まったバスター・ウィリアムス(b) とマット・ウィルソン(ds)とのトリオだが、今もなお同メンバーで活動を続けていることは、このトリオがザイトリン自身にとって特別なものである証明だ。
◆2001年、トリオを結成した年のライヴ録音『Stairway to the Stars』(SSC 1380)で既に完成度の高い演奏で、楽曲はスタンダードやミュージシャンズ・コンポジションが中心であった。
◆今作は2009年3月10日、NYの“Dizzy’s Club”でのライヴ録音。ザイトリン自身のオリジナルがレパートリーの主となっている。
◆1曲目“All Of You”からリリシズム溢れるプレイで、トリオの3人が対等な立ち位置で繰り広げるインタープレイは、ビル・エヴァンス・トリオを彷彿とさせる。4-7曲目の組曲“Slickrock”では、審美的なインプロ、アグレッシヴなロック・ビート、モーダルでエネルギッシュなプレイなど、不動のトリオだからこその変幻自在のアンサンブルは聴きもの。
◆デニー・ザイトリンのアコースティックなトリオ作、ピアノ・トリオ・ファンにもオススメです!

0016728151429