Quartette Oblique

SSC-1523
  • 発売中
  • アーティスト:Quartette Oblique
  • レーベル:SUNNYSIDE
  • 品番:SSC-1523
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


デイヴ・リーブマン、マーク・コープランド、ドリュー・グレス参加!!
“Quartette Oblique”の白熱のライヴ・レコーディングが登場!
おなじみの楽曲を中心にひたすら自由に展開する
超一流インプロヴァイザー達による驚異のインタープレイ!!

収録曲

Quartette Oblique
(Dave Liebman – Marc Copland – Drew Gress – Michael Stephans) /
Quartette Oblique

1. Nardis (Miles Davis)
2. Vertigo (John Abercrombie)
3. You The Night And The Music (Arthur Schwartz – Howard Dietz)
4. In A Sentimental Mood (Duke Ellington)
5. All Blues (Miles Davis)
6. Vesper (Drew Gress)
7. So What (Miles Davis)

メンバー:Dave Liebman(ts, ss), Marc Copland(p),
Drew Gress(b), Michael Stephans(ds)
Recorded Live at the Deer Head Inn, Delaware Water Gap, PA, June 3, 2017

◆デイヴ・リーブマン、マーク・コープランド、ドリュー・グレス参加!1945年マイアミ出身のドラマー/ 大学教授/ 作家のMichael Stephans 率いるカルテット“Quartette Oblique”のデビュー作。2017年6月3日ペンシルベニア州デラウェアにある“Deer Head Inn”というジャズクラブ(キース・ジャレットの『At the Deer Head Inn』でも知られる)でのライヴ録音である。
◆Michael Stephansはデイヴ・リーブマン、ジョー・ロヴァーノ、アラン・ブロードベントをはじめ、数多くのトップ・ミュージシャンと共演・レコーディングを重ねる実力者である。
◆Stephans曰く、リーブマンとは2004年に出会い、以来十数年に渡りインスピレーションを受け続けているという。マーク・コープランドとはこのバンドで初めて出会ったが、少なくとも20年以上は影響を受けており、Stephans自身の人生の一部になっていると言えるほどだそう。そしてリーブマンとコープランドの二人と親交の深いドリュー・グレスを迎えることで、この音楽に類を見ないサウンドをもたらしてくれたとのこと。
◆楽曲はマイルスが3曲、デューク・エリントンが1曲、スタンダードの“You The Night And The Music”に、グレスのオリジナルが1曲。そして2017年に亡くなったジョン・アバークロンビーの楽曲を取り上げているところも興味深い。
◆1曲目“Nardis”から自由かつ繊細なアンサンブルで、音楽が流れるように展開していくエネルギッシュな演奏!ひたすら美しい 曲目“Vertigo”は、亡きジョン・アバークロンビーの楽曲で、特に親交の深かったリーブマン、コープランド、グレスの特別な想いが感じられる。“In A Sentimental Mood”は少々不穏なハーモニーから始まり、美しくもどこかダークな雰囲気で、楽曲の新たな一面を引き出す。また13分にも及ぶ白熱の“So What”なども聴き応えあり!
◆バンド名の中の“Oblique”は“斜め”の意味。一筋縄ではいかないこのバンドの音楽性を端的に表している。静かな場面では食器の当たる音が聞こえるほど、ライヴ・レコーディングならではの空気感が十二分に伝わる良作!

0016728152327

Back to Top ↑