Swirl

SSC-1531
  • 発売前
  • アーティスト:Michael Wolff
  • レーベル:SUNNYSIDE
  • 品番:SSC-1531
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2019年1月下旬

ベテラン・ピアニスト、マイケル・ウォルフ、病からの再起の一作

収録曲

Michael Wolff / Swirl

1.Allison
2.Metairie
3.Jenny
4.Tough Ashkenazi
5.Angel Eyes
6.The Detective’s Wife
7.Goodbye Too Late
8.I Didn’t Know What Time It Was
9..Swirl

メンバー:Michael Wolff(p), Ben Allison(b), Allan Mednard(ds)

★1952年生まれ、メンフィス、ニューオリンズで育ち、現在66歳となったベテラン・ピアニストの一作。カル・ジェイダーのグループに参加し、キャノンボール・アダレイ、トム・ハレル、ソニー・ロリンズ、ナンシー・ウィルソンのバンドでも活動。90年代半ばには、日本盤のリリースで、スイングジャーナル、ゴールドディスクも受賞し、ピアノ・トリオの人気高い日本でも、大きな話題になったもの。その筋のファンにはおなじみといえるでしょう。
★その後もコンスタントに活動して、作品をリリースしていたものの、2015年、癌により重篤な状況に陥ったとのこと。一時は昏睡状態に陥り、命も危うかったとのことです。しかし、奇跡的に助かり、なんと、ここに復帰を果たしました。
★録音はマンハッタンのヤマハ、ピアノ・サロンでのライヴ。音質的にも申し分ない環境の中、ベン・アリソンをベースに、アラン・メナードをドラマーに迎えたトリオ演奏は、快活そのもの。マイケル・ウォルフ曰く、“生活に対しても、芸術に対しても、病を境に自分の見方は変わって、発展し、熟成し、広がりをみせると共に、同時に集中するようになった”とのことですが、音の世界からも、その心境があふれています。伝統的な演奏を基礎としつつ、もともと、POPさも持ったクロスオーバーな演奏をみせていたピアニストであり、本演奏はその延長線上でありながら、心境の変化によるのか、喜びに似たような勢いも音からあふれ出ています。POPでメロディアス、グルーヴ感のあるピアノ・トリオ演奏です。

0016728153126

Back to Top ↑