Motian Music

SSC-1532
  • 発売前
  • アーティスト:Russ Lossing
  • レーベル:SUNNYSIDE
  • 品番:SSC-1532
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2019年2月中旬

ポール・モチアンと12年もの間、演奏、交流をもったRuss Lossing
『Drum Music』と同様にモチアン・ミュージックに取り組んだトリオ作品

収録曲

Russ Lossing / Motian Music

1. Asia
2. Abacus
3. Fiasco
4. Introduction
5. Boomerang
6. Dance
7. Etude
8. Mumbo Jumbo
9. Jack of Clubs
10. Psalm

メンバー:Russ Lossing(p), Masa Kamaguchi(b), Billy Mintz(ds)

★ポール・モチアンと12年もの間、演奏及び、親交をもった鬼才ピアニスト、Russ Lossi ngのトリオによるポール・モチアン曲集。
★Lossingは、古くはDouble Timeでのレコーディングを始め、Sunnysideや、hatology、またSteeple Chaseでリーダー作をリリースするピアニストである一方、モチアンと演奏を重ね、そのアパートを訪ねたこともしばしば。まだ題名もなく、ハーモナイズもされていない、シンプルにメロディだけが書かれたポール・モチアンの新しい楽曲を演奏する機会もあったとのこと。そして、モチアンは、そのLossi ng が弾いたメロディに対して、“どんなコードを付けたいと思う?”という質問をしてきたのだそうです。言うまでもなく、そこには可能性も方向性も多様にあり、難問ともいう問いかけ。
しかし、年月を重ね、交流をもち続けることで、Lossi ngは、ハーモナイズをしていくときに、ポール・モチアンというアーティストがダイレクトなアプローチを好むという感覚を覚えていったのだそうです。そして、あれこれと考えめぐらすことなく、“ピュア”で“シンプル”であることをモチアンが志向していると体感したとのことです。
★本作は、そんな志向を、Lossing がスポンテニアスに表現した作品。レコーディングは、スタジオで行われていますが、3人のメンバーは隔離した環境でなくひとつの部屋のスペースで、すべてワンテイクで収録したもの。メンバーは、20年以上の共演歴というMasa Kamaguchi、Billy Mintz。楽曲も自らがフェイヴァリットであり、実際モチアンと共演したことのある楽曲を選んだ演奏には、モチアン・ミュージックの本質的な自由さや美しさはもちろん、、即興だからこそ生まれる、そぎ落とされたシンプルなしなやかさと、自由なテンポや、アブストラクトな音の流れの中にも、終始、ピュアな響きが息づきます。
★同Sunnysideでリリースしたソロ・ピアノ作『Drum Music~Music of Paul Motian』に続く作品。初期ECM作品、『Dance』に収録された楽曲“Asi a”を筆頭に、アルバムタイトルとしても有名な“Psal m”まで全10曲。曲順も演奏された順番にそのまま収録しています。
★ポール・モチアンとさまざまなユニットで共演し、敬愛していた菊地雅章氏は、“ポール・モチアンはどんなものでも音楽にしてしまう素晴らしいアーティスト”と親しいアーティストに語っていたそうですが、そのモチアンに信頼されていたピアニストによる注目の作品です。

0016728153225

Back to Top ↑