Berlin People

SSC-1541
  • 発売前
  • アーティスト:Tobias Meinhart
  • レーベル:SUNNYSIDE
  • 品番:SSC-1541
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2019年3月上旬

Enjaで2作品をリリースしたトビアス・マイナートが描く
NYとドイツの音楽文化の橋渡し
5曲でカート・ローゼンウィンケルが参加するコンテンポラリー・ジャズ

収録曲

Tobias Meinhart / Berlin People

1. Mount Meru (8:19)
2. Früher War Alles Besser (7:46)
3. It’s Not So Easy (7:19)
4. Malala (7:36)
5. Be Free (3:59)
6. Serenity (9:16)
7. Childhood (7:21)
8. Berlin People (6:09)
9. Alfred (5:38)

メンバー:Tobias Meinhart(ts), Kurt Rosenwinkel(g 1,3,4,6,7),
Ludwig Hornung(p), Tom Berkmann(b), Mathias Ruppnig(ds)

★Double Moon Recordsの、≪Jazz thing Next Generation≫シリーズからリーダー作をリリースしたのち、名門ENJAで2作品をリリース。この10年、ドイツからニューヨークに拠点を移して活動しているサックス奏者、トビアス・マイナートの最新作品。
★多くのミュージシャンがそうであるように、ニューヨークでの活動にあこがれて移住したトビアスは、この新作で、ニューヨークとドイツの音楽文化の橋渡しをしたかったとのこと。そんなトビアスにとって、ニューヨークで名声を築きあげたのちにベルリンに移住し、Jazz Institute of Berlin のヘッドとなったカート・ローゼンウィンケルはこれ以上にない適任のアーティスト。またトビアスは、この数年間、セカンド・メロディのヴォイスにトランペットをイメージして楽曲を書いていたとのことですが、最近はギターをイメージして作曲を行っていたとのこと。カートの参加了承を得て、大喜び。2ヶ月あまりの時間をかけて、楽曲作りに取り組んだとのことです。
★リズム・セクションには、カートをメンターと仰ぎ、尊敬してやまないドイツ出身の仲間たち。サックスとギターがユニゾンで強力なメロディを提示するオープニング・トラックほか、90~00 年代にカートが切り拓いてきたギター&サックスを軸とした編成の演奏をほうふつとさせるM3など、演奏にはどれも、カートへのリスペクトがあふれます。また、全9曲中4曲はカルテットでの演奏ですが、ニューヨークへの思いを形にしたアーティストたちの楽曲/ 演奏により、その他の楽曲も90年代以降のコンテンポラリーなテイストが息づきます。
★ジョー・ヘンダーソンの“セレニティ”では、これぞカート!とも言える歌混じりの自在のソロもあり、聴きものです。

0016728154123

Back to Top ↑