Presence

SSR-1805
  • 発売中
  • アーティスト:Orrin Evans and the Captain Black Big Band
  • レーベル:Smoke Sessions Records
  • 品番:SSR-1805
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


Bad Plusの新ピアニストともなった今最も注目を集めるピアニストの一人
オリン・エヴァンス率いる「キャプテン・ブラック・ビッグ・バンド」
ハード・バップ色とコンテンポラリーがミックス、
圧倒的な音圧で迫りくるビッグ・バンド・サウンドが心地よい注目作!

収録曲

Orrin Evans and the Captain Black Big Band / Presence

1.The Scythe (David Gibson) 9:30 (s)
2.Question (Eric Revis; arr. Josh Lawrence) 8:32 (c)
3.Onward (John Raymond)10:34 (s)
4.When It Comes (Orrin Evans) 3:16 (s)
5.Flip the Script (Orrin Evans, arr. John Raymond)10:04 (s)
6.Trams (Troy Roberts) 11:54 (c)
7.Answer (Orrin Evans; arr. Josh Lawrence) 13:08 (s)
8.Presence (Josh Lawrence) 8:59 (s)
9.When It Comes (alternate take) (Orrin Evans) 1:21 (c)

メンバー:
Orrin Evans, piano; Caleb Curtis, alto sax; Todd Bashore,alto sax;
Troy Roberts, tenor sax; John Raymond, trumpet;
Josh Lawrence, trumpet; Bryan Davis, trumpet; David Gibson, trombone;
Stafford Hunter, trombone;
Brent White, trombone; Madison Rast, bass; Anwar Marshall,
drums; Jason Brown, drums
Recorded Live in Philadelphia on July 20, 2016 at
SOUTH Kitchen & Jazz Parlor (s) and June 17, 2016 at Chris’ Jazz Café (c)

■1999年のモンク・コンペティションで優勝、クリスクロス・レーベルでの録音からPosi-toneのようなコンテンポラリーなレーベルまでに幅広いレーベルに多くの録音を残し、ハードでダイナミック、力強いピアノタッチで人気のピアニスト、オリン・エヴァンス率いる「キャプテン・ブラック・ビッグ・バンド」の最新作。スモークセッション・レーベルからは4作目の作品となる。
■本作は2016年6月と7月にオリン・エヴァンスが育ったホームタウン、フィラデルフィアの「Chris’ Jazz Café」と「SOUTH Kitchen & Jazz Parlor」の2ヶ所のクラブでライブ録音された。「Chris’ Jazz Café」は2008年にこのバンドがデビューを飾った記念すべき場所でもある。
■ハード・バップ色とコンテンポラリーがミックスされたビッグ・バンド・サウンドは各自のソロもたっぷりとフィーチャーされ、圧倒的な音圧で聴き手を魅了する。地元での演奏だけに観客の反応もフレンドリーで、各自のソロに呼応し演奏者への刺激にうまくつながった圧巻のライブである。
■スタジオであろうと、(特に)バンドスタンドであろうと、オリンは他のミュージシャンと音楽を作ることを楽しみの機会として捉えており、まさにディナー・パーティーの理想的なホストのように、参加者の会話を抽出、刺激して一人一人の持ち味を上手に引出しまとめていく、そんなオリンの鋭い感性がバンドを組み立てていきます。
■特にNYを拠点に活躍している注目のアルトサックス奏者、カレブ・カーティスの参加も興味深い。まさにライブステージで起こったリアルな現実をそのまま捉えた注目作である。

0888295803359

Back to Top ↑