The Time is Now

SSR-1806
  • 発売前
  • アーティスト:David Hazeltine
  • レーベル:Smoke Sessions Records
  • 品番:SSR-1806
  • ジャンル:ジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 発売予定時期:2018年10月中旬

NYの人気ピアニスト、デビッド・ヘイゼルタイン
長年の夢であったロン・カーター(b)、アル・フォスター(ds)との共演が実現
ピアノ・トリオ・ファンには絶対に見逃せないアルバム!

収録曲

David Hazeltine / The Time is Now

1.The Time is Now (David Hazeltine) 4:38
2.The Odd Couple (Neal Hefti / Sammy Cahn) 5:02
3.Smoke Gets in Your Eyes (Jerome Kern / Otto Harbach) 7:07
4.Cabin in the Sky (Duke Vernon / John Latouche) 7:03
5.Blues for Eddie (David Hazeltine) 6:24
6.Don’t Let Me Be Lonely Tonight (James Taylor) 5:30
7.When I’m Here with You (David Hazeltine) 7:12
8.The Parlayer (David Hazeltine) 6:46
9.In a Sentimental Mood (Duke Ellington) 8:41
10.Muse of Montgomery (David Hazeltine) 6:44
11.Signals (David Hazeltine) 5:48

メンバー:David Hazeltine (p), Ron Carter (b), Al Foster (ds)
Recorded Live on May 23, 2018 at Sear Sound Studio C, New York City

■ベテラン白人ピアニスト、デビッド・ヘイゼルタイン、待望の新作は長年の夢でもあったロン・カーター(b)、アル・フォスター(ds) という二人のマスターミュージシャンが参加してのアルバム。オーソドックスなピアノ・トリオながら最高に洗練された一流のピアノ・トリオ作品に仕上がった。
■アメリカのレーベル、シャープナインやクリスクロスから積極的にアルバムを発売し、日本のヴィーナスレコードからもトリオ作品を数多く発売している。ヘイゼルタインはティーンエイジ時代からソニー・スティット(as)、チェット・ベーカー(tp)、エディ・ハリス(ts)、ジョー・ヘンダーソン(ts)等と共演して実力を上げてきた。スタンダード曲の解釈もその時から培われたものである。
■近年ではエリック・アレキサンダー(ts) やスティーヴ・デイビス(tb) 等とのユニット、「ワン・フォー・オール」にも参加しスウィンギング・スーパー・グループのピアニストとしても大人気である。もちろんグループでのピアニストとしての活躍も顕著だが、デビッド・ヘイゼルタインの持ち味はピアノ・トリオのフォーマットで発揮されるのも周知の事実だ。
■本作は収録曲の6曲がヘイゼルタインのオリジナル、4曲がスタンダード曲。ヘイゼルタインは過去のアルバムでも数々のポップス畑のヒット曲をとりあげ巧みなジャズ・アレンジを施し収録しているが、今回はアメリカのシンガー・ソングライター、ジェイムス・テイラーのヒット曲“ドント・レット・ミー・ビー・ロンリー・トゥナイト”をピアノ・ソロで取り上げている。また、エディ・ハリスに敬意を表した“ブルース・フォー・エディ”も小気味良いブルース・ナンバーである。
■アルバム全編で決して前に出ずリズム・サポートに徹するロン・カーター(b)、アル・フォスター(ds) の大ベテランのプレイがこのトリオ・アルバムの格をアップさせたのは言うまでもない。ピアノ・トリオ・ファンには絶対に見逃せないアルバムである。

0888295814553